<ニュージーランド>オークランド沖に浮かぶ個性豊かな島々は、船で簡単に渡れる人気の観光地

🇳🇿ニュージーランド/オークランド 2020年1月1日~3日

「シティ・オブ・セイルズ(帆の町)」。

ニュージーランド最大の都市オークランドがそう呼ばれるのは、ヨットやボートを所有する市民の数が人口あたりで世界一だからです。

実際に海辺に足を伸ばせば、至る所にヨットハーバーがあります。

そんな海を楽しむ街を訪れたからには、私たちも船に乗らないわけにはいきません。

観光客にも安価で手軽に楽しめる船の旅をご紹介します。

対岸の街デボンポート

オークランドの摩天楼に沈む夕日。

こんな景色を眺めようと思ったら、デボンポート行きのフェリーで往復するのがオススメです。

デボンポートは島ではなく、ワイテマタ湾を隔ててオークランドのダウンタウンの北側、対岸にある小さな街。

古くからヨーロッパ人が入植した場所で、ビクトリア朝の建物も残る落ち着いた街です。

船が出るのは、ブリトマート駅近くにある「クイーンズ・ワーフ」というフェリー乗り場。

目抜き通りのクイーンズストリートを北にまっすぐ進んだ突き当たりにあって、煉瓦造りの古い建物が目印です。

近くには、巨大なクルーズ船がいくつも停泊していて、この船で旅行していると思われる大勢の乗客たちが港に出入りを繰り返していました。

そんな港の一画にあるのが、「ダウンタウン・フェリー・ターミナル」。

煉瓦の建物のちょうど裏手にあります。

対岸のデボンポートまではフェリーでわずか12分、料金は往復で15NZドル(約1080円)です。

私たちは公共交通機関共通のICカード「AT HOP カード」を購入していたので、いちいち切符を買わなくても割引料金で乗船できました。

オークランドの交通カード「AT HOP カード」についてはこちらの記事もどうぞ。

<ニュージーランド>バスも電車も船もこの一枚でOK! 「AT HOP カード」でオークランドっ子気分を満喫する

「旅したい.com」より

切符を買ったら、日本と同じような改札ゲートを通り、あとは船が来るのを待つだけです。

午後7時、デボンポートからのフェリーが到着しました。

降りる乗客が終わるのを待ってから、乗り込みます。

船は5分ほど港に停泊しただけで、すぐに出発します。

西に見えるのが、ダウンタウンとノース・オークランドをつなぐ「ハーバーブリッジ」です。

実はデボンポートにはハーバーブリッジを通って車でも行けるのですが、オークランドの街を海から眺めながら行く方がずっと魅力的ではないですか?

私のように外を眺めたい人は、デッキに・・・

景色はどうでもいいという人は、船内で想い想いに過ごします。

後部デッキに座っていると、街がどんどん遠ざかっていくのが楽しめます。

夏のニュージーランドでは日没は午後9時ごろ。

1時間ほどデボンポートで過ごして帰ると、ちょうどサンセットクルーズになるはずです。

私たちの滞在中、オークランドは毎日のように午前中曇って午後から晴れてくるという天気が続いていたため、自然と船に乗るのは午後か夕方の時間帯でした。

デボンポートの巨木

ダウンタウンを出港してわずか10分ほどで、デボンポートの街が見えてきました。

これがビクトリア風というんでしょうか、可愛らしい家々が並んでいます。

これが私たちが乗ってきたフェリーです。

とりあえず、何をするあてもないので、街を歩いてみることにしました。

フェリー乗り場を出た正面のビクトリア・ロードがメインストリートのようです。

この日は元日だったため、店はほとんど閉まっていました。

一番目立つこの建物は、「ザ・エスプラネード・ホテル」。

1903年開業の老舗ホテルだそうです。

でもそんな老舗ホテルよりも私の目を引いたのは、ビクトリア・ロード沿いに植えられた街路樹です。

なんだかゴッホの絵画を思い起こさせるようなたくましさを感じます。

そして存在感のある街路樹の下を歩く、イスラム少女たち。

それだけで私はウキウキしてくるのです。

街路樹の向こう側は芝生の公園になっていて、お正月の夕暮れ、みんなのんびりと過ごしていました。

見ているだけで、気持ちがいいですね。

ビクトリア・ロードを進んでいくと、すごい大木が待っていました。

この大きさ、とても私のカメラでは表現できません。

この木、何て言いましたかね?

ガジュマル?

沖縄やハワイで時々見かけるやつです。

その複雑な幹、枝から直接地面に垂れ下がった根・・・。

すごいです。

やはり大きな樹木というのは、見るものに畏怖の念を抱かせます。

ニュージーランドには「カウリ」という巨木が生えていたのですが、人間がこの島に来てから天にまで届きそうなカウリの木は次々に切り倒されてしまいました。

今では必死で守り育てようとしていますが、巨木が育つまでにま途方もない時間がかかります。

太古の昔には、日本にもきっとすごい巨木がいっぱい生えていたんでしょうね。

デボンポートをお散歩

海岸線も歩いてみました。

フェリー乗り場の東側は芝生の公園になっていて、その海側には遊歩道が整備されています。

ベンチに座って海を眺める人々。

その海にはたくさんのヨットやクルーザーが浮かんでいて、その向こうにオークランドの住宅街が広がっています。

文句のつけようのない住環境。

これぞオークランドが、「シティ・オブ・セイルズ」と呼ばれるゆえんなのでしょう。

住宅街も歩いてみました。

ものすごい豪邸ではなく、サイディングの可愛らしい家が多いようです。

平屋の家も多いのですが、庭が広いのです。

そして大きな木が植えられている家も目立ちます。

「FOR SALE」の看板が出ていたので眺めてみると、なんと敷地が971平米。

1893年に建てられた2階建で、寝室が5つ、リビングが3つ、お風呂が3つで4台の車が止められるようです。

果たしていくらなのかと興味が湧きましたが、肝心の値段が書いてありません。

ニュージーランドでは不動産屋の店先の物件を見ても価格が表示されていなかったので、これが一般的なのかもしれません。

とても買える値段ではないでしょうが、やはり興味ありますよね・・・。

デボンポートの夕日

そうして街をぶらぶらお散歩している間に、だいぶ日が傾いてきました。

今、午後8時を回ったところです。

そろそろフェリー乗り場に戻って、次の船を待とうと思います。

沖をまた、一艘のヨットがオークランド方面へと帰っていきます。

これからの時間、文字通りのサンセットクルーズとなるのです。

フェリー乗り場の目の前まで来た時、言葉を失いました。

海の向こうに見えるオークランドの摩天楼に、ちょうど夕日がかかりかけていたからです。

そうか、デボンポートから見ると、ちょうどダウンタウンの方角に太陽が沈むんだ・・・。

だから、最初に入植した人々は、この場所に家を建てたのかもしれません。

港の近くにはちょっとした砂浜があり、親子連れが子供を遊ばせています。

静かな夕暮れ。

気持ちのいい風が吹いていました。

しばらくその場所に佇みながら、夕日を眺めていると、赤く染まった海をフェリーがこちらに近づいてくるのが見えました。

あの船に乗るのです。

フェリー乗り場からもガラス越しに夕日と入港してくる船が見えました。

なかなか素敵な待合室です。

帰りは、船の前方デッキに座ります。

2階のデッキにも夕日の写真を撮る人たちが陣取っていました。

でも、まったく混み合うこともなく、みんなゆっくりと夕日を眺めています。

人口が少ないというのは、実に人をゆったりとさせるものです。

フェリーはまっすぐにダウンタウンの方向、すなわち夕日に向かって一直線で進んでいきます。

大きな太陽が摩天楼の上に乗っかっています。

もうすぐ時間は午後8時半になります。

サンセットクルーズとしては、ちょうどいい時間だったでしょうか?

ダウンタウンが近づくと、船は進路を少し西に向けました。

それに従って、摩天楼と太陽の位置が少しずつずれてきます。

オークランドのシンボル「スカイタワー」も夕日に染まります。

わずか10分あまりのサンセットクルーズですが、とってもお値打ちだと思います。

デボンポートへの船旅は、絶対にこの時間がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です