<ニュージーランド>バスも電車も船もこの一枚でOK! 「AT HOP カード」でオークランドっ子気分を満喫する

🇳🇿ニュージーランド/オークランド 2019年12月30日~1月4日

ニュージーランド最大の都市オークランドに5泊。

特別の目的があるわけではないので、公共交通機関を利用して市内をぶらぶらして過ごしました。

そんな時に超便利なのが「AT HOP カード」。

日本のSuicaやPASMOに当たる交通カードで、これ一枚あればバスでも電車でも船でも楽々乗ることができます。

しかもカードを使うと現金払いの半額になることも多いので、絶対にお得です。

「AT HOP カード」を買う

オークランド空港に到着したら、まず最初に空港ロビーの売店で「AT HOP カード」を買いましょう。

私たちは、到着ロビーにあった「TAKE HOME」という売店で買いました。

こちらが、「AT HOP カード」です。

1枚10NZドル(約720円)。

このカードに、好きな金額をチャージします。ニュージーランドではカードをチャージすることを「Top Up」と言うようです。

私たち夫婦は売店で「AT HOP カード」を2枚購入し、店員さんが「Top Upするか?」と聞くので、それぞれ50NZドルずつチャージしてもらいました。

うれしいことに、カードの購入やチャージにはクレジットカードが使えます。無駄に現金を両替して小銭をためる必要がないので助かります。

空港から市内に向かう「スカイバス」でも「AT HOP カード」は使えます。

市内までの料金は片道17NZドル。

このスカイバスではAT HOP カードを使っても割引はありませんが、空港で行列に並んで切符を買う手間が省けます。実際に私たちも、目の前に止まっていたバスに飛び乗ることができました。

カードを買っていなければ、30分後のバスを待たなければならないところでした。

乗車時に前方扉の内側にある読み取り機にカードをタッチし、降りる際にもう一度タッチする、それだけです。

バスを降りる時は、前後どちらの扉でもOKです。

「AT HOP カード」をTop Upする

滞在中、私たちは2度、カードのチャージ、すなわち「Top Up」を行いました。

1度目は、南島のクイーンズタウンに日帰りで行く前日。ダウンタウンと空港の往復だけで34NZドルが必要なため、追加で50ドル分Top Upしました。

場所は、ダウンタウン中心部のブリトマート駅。ここに置かれた自動販売機でカードのTop Upが簡単にできます。

日本と違って、ここでもクレジットカードでチャージができるので大変便利です。

2回目は、オークランドを発つ前日。ワイヘキ島へ渡るフェリーに乗る時に、残り必要となる金額を考えながら最低限のチャージをします。

この時は、フェリー乗り場に設置された自動販売機を使ってTop Upを行いました。

ワイヘキ島往復のフェリー代は往復で40NZドル、翌日空港まで行くスカイバスが17ドルです。

セント・ヘリアーズビーチ

それでは「AT HOP カード」を使って私たちがどこに行ったかをご紹介しましょう。

まず最初にゲットしたのは、バスの路線図です。

ダウンタウンにあるブリトマート駅の案内所でゲットしました。

オークランドの中央、東、西、南をつなぎ合わせると、近郊の大体の場所がカバーできます。

オークランドの2日目は大晦日。

行き先に選んだのは「ミッション・ベイ」。ガイドブックに「高級住宅が並ぶ市内でも屈指の人気エリア」と書かれていたからです。

バスが発着するブリトマート駅前のバス停に行ってみました。

ところが年末年始(12/22-1/11)は交通渋滞を緩和するためにバスが大幅に減便されているということで、ミッションベイに行くバスは「タマキ・リンク」という路線バスだけです。

しばらく待った後、乗り込んだ「タマキ・リンク」は海沿いの道を東へ走ります。

この道路は「タマキ・ドライブ」と呼ばれる絶景ロードでした。

左手に海、右手に高級住宅街を眺めながらバスは進みます。

海辺にはクルーザーが係留されていて、いかにも「シティ・オブ・セイル」を体感できる気持ちのいい道路です。

そして目的地の「ミッション・ベイ」に到着したのですが、この辺りは飲食店やショップが軒を連ねる賑やかなところで、イメージしていた風光明媚な街とは少し違ったのでそのまま先まで行くことにしました。

すると・・・

ミッション・ベイをすぎた海沿いにのどかなビーチが見えてきました。

「ここで、降りよう」

妻とも意見が一致して、私たちは名前も知らないこの浜でバスを降りることにしました。

ちなみに、私たちが乗ってきた「タマキ・リンク」はこんなブルーのバスです。

この辺りの浜は、「セント・ヘリアーズビーチ」と呼ばれているそうです。

人も少なく、景色も最高。

適度にお店もあって、ミッション・ベイなんかよりはるかにグッドです。

みんな大晦日を実に穏やかに過ごしていて、本当に気持ち良さそうです。

気温は20度ちょっとと日本人が泳ぐには少し肌寒いですが、海に入っている人たちもそこそこいます。

私たちは青空のもと、付近の住宅街をお散歩することにしました。

少し岬のように海に突き出したこの辺りは、一段と豪邸が多いようです。

ダウンタウンから車で20分も走れば、敷地の広々とした家を持てるなんて、人口が少ないニュージーランドは羨ましい限りです。

住宅街は緑にあふれていました。

大晦日といえば、南半球のニュージーランドでは夏。

様々な花が住宅街を飾っています。

岬の高台に登ると、海の向こうにダウンタウンの高層ビル群が見えました。

丘の上のベンチに腰掛けて、しばし海を眺める贅沢な時間です。

有名な観光スポットよりも、私たち夫婦にはこんな旅がちょうどいい。

セント・ヘリアーズビーチで、豊かなニュージーランドライフを垣間見ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です