<ニュージーランド>オークランドで羊を見たくなったら309番のバスに乗って「アンベリー・パーク」に行こう

🇳🇿ニュージーランド/オークランド 2020年1月3日

ニュージーランドって羊の国というイメージがありますよね。

でも、ニュージーランド最大の都市オークランドでは意外に羊を見る機会がありません。

どうしても羊が見たいと思った時にオススメなのが、中心街と空港の中間地点にある「アンベリー・リージョナル・パーク」です。

309番のバスに乗って

オークランド近郊で羊を見られるいい場所があると知って、路線バスで行ってみることにしました。

オークランドの路線バスについては、インフォメーションでもらえるバスマップが便利です。

目的地である「アンベリー・リージョナル・パーク」の近くまで行くのは、市バス「メトロリンク」の309番のバスだけだということがわかりました。

309番のバスは中心部の「Civic Theatre」というバス停が始発です。

Queen St と Wellesley St の交差点にはいくつものバス停があり、行き先別に分かれているのでちょっとわかりにくいですが、7055番のバス停から309番のバスは出発します。

次のバスがあと何分で出るのか表示されるのは便利です。

バス停の前には、「てつおじさんのチーズケーキ」というお店がありました。

福岡のケーキ屋さんの支店のようです。

10分ほど待つと、309番のバスがやってきました。

ニュージーランドのバスでは、バスマップでどこを走るのかはわかるものの、車内アナウンスやモニターでの表示がないケースも多いようです。

バスに乗る時、役に立つのがこちら。

Googleマップの経路案内です。

「アンベリー・パーク」までの交通手段を検索すると、最寄りの停留所が表示されます。

目的地まではおよそ47分。

あとは、地図上で動く現在位置の表示を見ながら、降りる停留所が近づいたら降車ボタンを押して運転手に知らせます。

こうしてGoogleマップの指示に従って降りたのは「67 ミュアー・アヴェニュー」という停留所。

そこは住宅街のど真ん中でした。

アンベリー・リージョナル・パーク

大きな街路樹に圧倒されながら、住宅地の中を歩いていくと・・・

広々とした牧場にぶつかります。

ここが広大な「アンベリー・パーク」の一部です。

フェンスには、「Farms in Parks」と書かれた看板がかけられています。

都市で農場体験ができる公園として誰でも無料で楽しむことができるようです。

ただし、犬を連れて入ることはできません。

木製の扉には鍵がかかっていましたが、動物が逃げ出さないためのもので、手で簡単に外せるようになっています。

入ったら忘れずに鍵をかけましょう。

公園の中は、見渡す限り牧草に覆われいて、足元には動物の糞が散乱しています。

公園というよりも牧場そのものです。

公園内はいくつかの区画に仕切られていて、牛がいる一画には入ることができませんでした。

フェンスの手前から牛を撮影します。

本当に、牧場そのものです。

それもそのはず、もともと牧場だったものを市が買い上げて公園にしたそうです。

でも肝心の羊は、柵で仕切られた遥か遠く。

公園内を歩いては近づけそうにありません。

一旦公園を出て、住宅街の中を羊の群れがいる方向へと歩きます。

それにしても、ニュージーランドの家は大きい。

そして町中に大木があります。

庭先にボートが置いてある家もあります。

何だかとても羨ましい住環境です。

しばらく歩いて、はたと思いつきました。

バスで移動しよう。

Googleマップで調べると、あと数分でバスが来ることがわかりました。

バスに乗って、4つ先の停留所「127 Wallace Rd」で降りると、すぐに「Ambury Regional Park」と書かれたゲートがありました。

こちらの方がより正式な入り口のようです。

ここからは、海をバックに草を食む羊たちの姿を間近から撮影することができました。

黙々と草を食べる羊たち。

なかなか顔を上げてくれませんが、これぞニュージーランドといった光景です。

夏なので、毛を刈られたばかりなのでしょう。

何だか毛並みが凸凹になっています。

日によっては、もっと間近で羊たちと戯れることもできるようですが、特段動物好きでもない私には、この距離で十分満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です