<東京>人形町1泊2日の旅② 「室町砂場」の天ざると「いわ瀬」のからすみ大根と「誠品生活」の歴史大図鑑

🇯🇵東京/中央区 2019年10月21日~22日 1泊2日

人形町に宿をとってのぶらぶら旅。

老舗蕎麦屋で夕食を食べ、路地裏のミシュラン居酒屋で一杯、翌日には日本橋の最新スポット「誠品生活日本橋」を訪れてみました。

やっぱり、日本橋・人形町界隈は魅力満載です。

室町砂場

日も暮れてきたので、夕食の店に向かうことにします。

妻が歩き疲れたというので、近くの都営新宿線浜町駅から地下鉄に乗り、馬喰町で乗り換えて、JR総武線快速の新日本橋駅に移動します。

駅を降りると、今年9月にオープンしたばかりの「コレド室町テラス」が目の前にありました。

しかし、ここは日本橋。

超高層ビルもあれば、昔ながらの名店も数多く残っています。

路地を一歩入ると、穴子料理の専門店「玉ゐ 本店」。

その先に、目指す老舗蕎麦屋「室町 砂場」がありました。

建物は新しいですが、創業は明治2年(1869年)です。

この店で夕食を食べると決めたのは、蕎麦なので値段が安いということに加えて、ここが「天ざる・天もり蕎麦」の元祖だと本で読んだからです。

「東京おいしい老舗散歩」という本の中には、こんなことが書かれていました。

<砂場>は、東京で最も古いお蕎麦屋さんの屋号です。起源は豊臣秀吉の時代にまでさかのぼると言われ、大阪城築城中の資材置き場<砂場>近くに出店したことに由来するそうです。

安原眞琴著「東京おいしい老舗散歩」より

お目当は、この店が発祥だとされる「天ざる」と「天もり」。

ただメニューには、こんな注意書きが・・・。

『一品料理の天ぷらとざる・もりのセットではございません。』

どういう意味か?

それは注文すればわかります。

こちらが、名物の「天ざる」(1600円)。

確かに通常想像する「天ざる」とはかなり違います。

蕎麦は冷たいせいろ。しかも真っ白な「さらしな」です。

ただし、そばつゆは温かく、中に芝海老と小柱のかき揚げが浮かんでいました。

これが、室町砂場では「天ざる」なのです。

一方の「天もり」(1600円)。

つゆは同じです。

「天ざる」との違いは、蕎麦が通常のせいろであることだけ。刻み海苔の有無で、「ざる」と「もり」を区別する常識はこの店では通用しません。

でも、どちらを注文しても後悔することはありません。

さすが150年続く老舗の味。文句なく美味しいです。

「室町 砂場」
電話:03-3241-4038
営業時間:
月~金 11:30~21:00(L.O.20:30)
土 11:30~16:00(L.O.15:30)
定休日:日曜・祝日

夜のお散歩

夕食後は、日本橋をぶらぶら歩いてホテルに帰ります。

再開発が進んだ日本橋室町地区のメインストリートは、大人っぽくライトアップされ、夜のお散歩にはもってこいです。

この地区の守り神として「徳福神社」が完成したのは2014年。

しかしその歴史は古く、武蔵野の村落である福徳村の稲荷神社として9世紀には鎮座していたという記録があるそうです。

江戸に入った徳川家康も何度かお参りしたと神社のサイトには書かれていました。

江戸情緒を再現した裏道を通って、ホテルへと向かいます。

路地の隙間から見上げる超高層ビルは、ちょっとニューヨークのようでもあります。

裏路地に潜む飲食店を眺めながら、ぶらぶら歩いて15分ほど、ちょうどいい腹ごなしになる夜のお散歩でした。

美酒味肴 いわ瀬

ホテルでテレビを見て、一休み。

妻をホテルに残して、夜の人形町を一回りすることにしました。

お目当はもちろん居酒屋です。

人形町交差点近くにあった「ダイアナ」という暖簾。

「大穴」と書いて「ダイアナ」だそうです。

それにしても、安いですねぇ。

大観音寺の裏手には、三船敏郎さんの看板を掲げた「ご馳走居酒屋 三船」。

メニューも豊富で、店内も賑わっているのが通りから見えます。

ここにしようかなと思ったのですが、その目の前に気になる路地がありました。

どうです?

狭い路地裏にポツンと灯る電灯。なぜか、惹かれますよね。

「美酒味肴 いわ瀬」。

ネットで調べると、この界隈でも有数の名店のようです。

ミシュランのビルグルマンにも毎年選ばれているというので、この店に入ってみることにしました。

和服姿の女将さんが取り仕切るお店で、常連さんらしき客が女将と楽しそうに話をしています。

店を開いて12−3年だそうです。

さすがミシュランに掲載されるだけあって、ただの居酒屋ではありません。

メニューを見ても、手の込んだ料理が並んでいました。

日本酒にしようと思い、新潟の「緑川」(1合 1000円)を注文すると、洒落たガラス容器に入って出てきました。

お猪口は江戸切子。

お通しも二品、いずれも見た目の綺麗でとても美味しい。

確かに、いいお店です。

料理は、「自家製からすみ大根」(1300円)を選びました。

出てきたからすみは予想外に厚切りで、ねっとりとした旨味が濃厚です。

正直、高価なからすみを食べたことはあまりなかったので知りませんでしたが、からすみを大根と一緒に食べるのはかなりポピュラーなようです。

一緒に食べると、からすみの塩味を大根の甘さと水分が中和してくれて、より美味しくいただけます。

これだけでお酒がかなり飲めそうですが、妻を待たせている手前、お酒は1合で終わりにしました。

ちょっと贅沢なお店ですが、お客さんを連られる一軒として、メモしておきたい素敵なお店でした。

「美酒味肴 いわ瀬」
電話:050-5596-9238
営業時間:17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:土日祝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です