<中国>杭州地下鉄と水上バスに乗って世界遺産「京杭大運河」への素敵な朝散歩を楽しむ

🇨🇳中国/杭州 2019年9月16日

黄河や揚子江を貫き、北京と杭州をつなぐ総延長2500キロにおよぶ「京杭大運河」が完成したのは、隋の時代、610年のことです。

広大な中国大陸の統一に大きな役割を果たしたと言われるこの大運河は、2014年、世界遺産に登録されました。

今も南北を結ぶ大動脈として活用されている大運河見物には、今年開通したばかりの杭州地下鉄5号線が便利です。

帰りはぜひ、大運河を走る水上バスに乗ってみてください。断然オススメです。

地下鉄5号線「大運河」駅

2泊3日の杭州滞在最終日。

せっかく杭州まで来たので、歴史の教科書で習った「大運河」を見てみたいと思い、早朝の地下鉄に乗ることにしました。

午前7時前、西湖に近い「龍翔橋駅」から1号線に乗ります。

中国の地下鉄は、改札の前に手荷物検査を受けなければなりません。

自動販売機で行き先までのクートン(プラスチック製の切符)を買い、自動改札機を通って駅に入ります。

次の「鳳起路駅」で2号線に乗り換え。

通路には、5Gの広告が出ていました。

中国では日本より一足早く、次世代通信5Gのサービスが始まっています。

「三坝駅」で、今度は部分開業したばかりの5号線に乗り換えます。

5号線のホームに行くと、こんな表示が・・・。

5号線もまだほとんどが工事中なのに、「3号線、6号線、7号線、10号線、16号線はまもなく開通」と書かれています。

何本もの地下鉄を同時並行的に建設し、できたところから部分開業していくのが中国流。スケールが日本とは違います。

地下鉄5号線はまだ部分開業したばかりなので、車両はとてもきれいで、とても空いていました。

降りるのはその名もズバリ「大運河駅」。

わかりやすいです。

龍翔橋駅から40分ほど、料金は5元(約86円)でした。

大運河駅は、床もピッカピカ。

ベンチも大理石でできていて、中国らしい風景画が描かれていました。

地上に上がります。

周辺は、真新しいマンションが立ち並ぶ住宅街のようです。

拱宸橋

大運河駅周辺は街路樹も植えられた美しい住宅街。

「橋弄街」という通りを東へ歩きます。

通り沿いには、ゲートで出入りを管理する高層マンション群が立ち並びます。

大通りを渡ると、一気に道幅が狭くなり、歩行者専用道路になっています。

「京杭大運河・杭州景区全景図」と書かれた案内板が・・・

世界遺産のシンボルマークも掲げられています。

中国語のほか、英語、日本語、韓国語で説明が書かれていました。

「杭州大運河の紹介」と書かれた日本語の説明文を読んでみると・・・

『北京-杭州大運河は、春と秋に切断する前に、歴史の2500年が経ちました・・・・』

???

おかしな日本語です。明らかに自動翻訳しただけで、誰もチェックしないまま使用したのでしょう。

さらに、続きます。

『世界最長の走行距離、エンジニアリングです最大かつ最古の人工運河、人々は偉大なプロジェクト、まだ生きている、人類の流れの重大な文化遺産を作成するために取り組んで古代中国です』

なんとなく言いたいことはわかりますが、ちょっと笑ってしまいました。

この一画は、「橋西歴史街区」として昔ながらの街並みが整備されています。

歴史ある薬局も店を構えていますが、朝早すぎてまだ店は開いていません。

そして通りの突き当たりにあったのは、杭州古橋の中で一番高く、一番長い「拱宸橋」です。

橋のたもとには「中国大運河」と書かれた石碑が・・・。

こちらが拱宸橋。

石で作られた橋で、まずは上りの石段が続きます。

橋の一番高いところまで登ると、眼下に京杭大運河がまっすぐに伸びていました。

橋の守り神でしょうか?

4頭の神獣が橋の前後を固めます。

大運河は水運の大動脈ですが、そのほとりでは人々の日々の暮らし営まれています。

朝の大運河では、おばさまたちが踊り・・・

おじさんが体操をしていたり・・・。

実に、のどかな光景です。

大運河を東側に渡ると、拱宸橋の全貌を見ることができます。

長さが92.1m、高さは16m。

かつては、大運河を下って杭州にやってくる皇帝を迎える北大門としても使われたそうで、そう言われると確かに単なる橋ではなく、門のようにも見えてきます。

水上バス乗り場

拱宸橋の少し北側に船着場のような場所がありました。

近くには、「水上公交1号線」と書かれた時刻表があります。

どうやら大運河を走る水上バスの乗り場のようです。

行き先の中に武林門という西湖近くの地名があります。ここまで水上バスで行けば何とかなりそうです。

少し時間がありそうなので、周辺を歩いてみます。

拱宸橋を望むベストスポットには、共産党を讃えるオブジェ。

八角堂では、老人たちがたむろしています。

24時間営業の自動図書館もありました。

そんな中で私が一番気になったのが、こちらの案内板。

こちらも自動翻訳の得体の知れない日本語訳がつけられているのですが、その内容はすべて注意や警告。

安全のために、守るべき規定集がびっしりと書き込まれていたのでした。

中国全土で徹底される治安対策とマナー指導。そのおかげで、近年中国人のマナーはかなり改善してきたとは思いますが、やはり息苦しさも感じます。

水上バス乗り場に戻って、ベンチに腰掛けて大運河を眺めます。

荷物を積んだ台船が列をなして大運河を北上していきます。

拱宸橋の下を台船が通り抜けていきます。

こうした橋がたくさんかかっているため、背の高い船は運河を走ることはできません。

水上バスがやってきました。

私の目的地とは反対方向の北に向かう船ですが、どうせ次が終点。

きっとこの船が折り返してくるのだろうと予想して乗ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です