<イギリス>元政治犯がガイド!「ベルファスト政治的葛藤3時間ウォーキングツアー」で知る真の北アイルランド問題

🇬🇧イギリス/ベルファスト 2019年8月6日

イギリスのEU離脱問題が混迷する中で、北アイルランドが再び注目を浴びています。

でも、私たちの世代には、北アイルランド=紛争・テロというイメージが付きまといます。

1960年代からおよそ30年に及んだ「北アイルランド紛争」。カトリック系住民とプロテスタント系住民の対立に、イギリス軍が介入して出口の見えない泥沼の紛争が続きました。

その現場は今、どうなっているのか?

私が参加した「ベルファスト政治的葛藤3時間ウォーキングツアー」は、北アイルランド問題を理解するうえで最高の、とてもユニークなツアーでした。

ウェスト・ベルファスト

アイルランドの首都ダブリンから北アリルランドの中心都市ベルファストへの日帰り旅。

初めて訪ねたベルファストの町には、不気味な雲が垂れ込めていました。

どうしてもベルファストに行きたいと思ったのは、私の若い頃、テレビニュースで頻繁に報道されていた「北アイルランド紛争」の現場を、自分の目で見てみたかったからです。

でも、有名な観光スポットではないエリアのどこに行けばいいのか?

出発前に日本で調べていて偶然見つけたのが、「ベルファスト政治的葛藤3時間ウォーキングツアー」でした。

ツアーの集合場所は街の西部「ウェスト・ベルファスト」と呼ばれるエリアの路上でした。

タクシーの運転手によくわからない地図を見せ、集合場所へと向かいます。

タクシーの運転手は、「ここだ」と言って、ド派手な壁画を示しました。

私は半信半疑のまま、6ポンド20シリングを払ってタクシーを降ります。

明らかに移民らしきお母さんたちが壁画の前を通り過ぎます。

集合時間は、お昼の12時。

まだ、30分近く時間があります。

壁画が描かれた建物をよく見ると、イギリスの治安当局と敵対するプレートが掲げられているのに気づきました。

「PSNI/MI5/BRITISH ARMY NOT WELCOME IN THIS AREA」

「PSNI」は北アイルランド警察、「MI5」は有名なイギリスの情報機関「秘密情報部」、そしてイギリス軍。彼らにこのエリアに来るなと警告しているのでしょう。

壁画の中にこんな絵を見つけました。

ガイドの話を聞く人々。

その上には、アイルランド語で「COISTE NA NIACHIMI」、弁護士会の意味のようです。

そして、「かつての政治犯によるユニークなウォーキングツアー」として、電話番号とウェブアドレスが記されていました。

どうやらこれが、私が参加するツアーのようです。

集合時間が近づくと、パラパラと人が集まってきました。

私と同じツアーに参加する人もいれば、別のツアーのお客さんもいるようです。

そして、正午になると、黒いウィンドブレーカーを着たスキンヘッドの男が私たちの前に現れました。

彼がこのツアーのガイド。

かつてはカトリック側の活動家として当局に逮捕された政治犯でした。

いよいよウォーキングツアー開始です。

「ベルファスト政治的葛藤3時間ウォーキングツアー」の料金は2479円。

GET YOUR GUIDE」というサイトで見つけ、日本から事前予約を入れました。

詳しくは、https://www.getyourguide.jp/belfast-l442/belfast-3-hour-political-conflict-walking-tour-t107107/

カトリック居住地区

ガイドの男性は、とても話術が達者でした。

早口の英語で説明するので、私には半分も理解できませんでしたが、参加者は全員白人、ヨーロッパのほかアメリカやオーストラリアからの観光客で、彼らにはとても受けていました。

雨が降る中、彼は傘もささずにイギリスがいかにカトリック系住民を迫害してきたが、その差別の実態を歴史的に説明します。

ツアーの最初にガイドが説明したのは、こちらの高層住宅でした。

「DAVIS TOWER」という名前のこのビルは20階建、1966年に建設されました。

北アイルランド紛争が発生すると、イギリス軍はこのビルの最上部の2フロアを占拠し監視ポストとして利用します。

これをきっかけにカトリック系住民が暮らすこの高層ビルは、紛争の象徴的な建物となり、紛争が激化した時期には、イギリス軍は兵士の出入りのためヘリコプターを使わざるを得ませんでした。

「DAVIS TOWER」の壁面には、小さなプレートが掲げられています。

1969年8月15日、9歳のパトリック・ルーニーが王立アルスター警察隊(R.U.C.)によって殺害された、と記されていました。

警察隊の装甲車から発射された機関銃の弾がタワーにいたパトリックの命を奪ったのです。一連の紛争での最初の犠牲者とされています。

今から50年前に起きた一つの事件。その後無数に繰り広げられる様々な事件の記憶が今も街のあちらこちらに記念碑として残され、民族の悲劇として語り継がれているのがわかります。

タワーの壁には、こんなパネルも貼られていました。

平和への希望は、若者たちに託されているということでしょう。

さらに進むと多くの壁画が描かれた一角が現れました。

ここ「フォールズ・ロード」は、カトリック地区の中央を貫く通りで、周辺にはこうした壁画がたくさん描かれています。

「BATTLE OF THE FALLS」と書かれたこちらの壁画。

1970年、カトリック地区の中心であるフォールズ・ロードで繰り広げられたカトリック住民と警察や軍との激しい衝突が白黒写真を使って描かれています。

この壁画は、1974年10月15日に起きた「ロングケシュ収容所」での政治犯たちの暴動とイギリス軍による鎮圧を描いたものです。

イギリス軍によって「CRガス」と呼ばれる新型の暴動鎮圧剤が使用されたと言われています。

この壁には、こうした北アイルランドでの闘争を記録したものだけでなく、世界各地での紛争への連帯が示されていました。

たとえば、南アフリカのマンデラ氏や・・・

キューバのカストロ議長。

パレスチナもあります。

トランプ大統領が描かれた壁画もありました。

「サウジアラビアへの武器の供与をやめろ」というイエメンとの連帯を表したもののようです。

このように世界の紛争地が描かれたこの壁は「インターナショナル・ウォール」と呼ばれています。

ガイドの男性は、抗議活動の弾圧に使われたというゴム弾を取り出し、ツアー参加者に渡しました。

デモの鎮圧に使われたもののようです。

私もゴム弾を見るのは初めてでしたが、想像していたより大きくて固いものでした。

フォールズ・ロードをさらに西に歩きます。

通りの南には、「セント・ピーターズ大聖堂」。

1860年代に建設されたカトリックの教会です。

「記憶の庭」と書かれた記念碑もフォールズ・ロード沿いにあります。

さらに進むと本やネットで見覚えのある壁画が現れました。

ウェスト・ベルファストを紹介する時、この壁画の写真がよく使われているのです。

中心に描かれているのはボビー・サンズという名前の男性です。

ボビー・サンズはIRA(アイルランド共和軍・正確にはIRA暫定派)の活動家でした。

イギリスは1977年、IRAの囚人に対し「政治犯」としての権利を奪い、単なる組織犯罪の従事者として扱う決定をします。これに抗議してIRAの囚人たちは、獄中でハンガー・ストライキを展開。

ボビー・サンズは、そのハンガー・ストライキの最中に獄中からイギリス下院議員選挙に出馬して当選を果たし、大きな話題となりました。しかし1981年、彼は獄中で死亡、彼の葬儀には10万人が集まり世界的なニュースとなったのです。

ボビー・サンズの物語は、2008年に「ハンガー」というタイトルで映画化されました。

この壁画が描かれた建物の正面に進みます。

「SINN FEIN」の文字に目が止まります。

シン・フェイン党は、IRAの政治部門です。

1905年に結成されたシン・フェイン党は、北アイルランドをイギリスから離脱させ、アイルランドとの統一を主張しているナショナリスト政党です。

建物にはシン・フェインのショップも置かれ、関連グッズが売られていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です