<イギリス>タイタニックを建造した名門造船所が破綻した日、私が偶然訪ねた「タイタニック・ベルファスト博物館」

🇬🇧イギリス/ベルファスト 2019年8月6日

映画「タイタニック」でも有名な豪華客船タイタニック号。

100年以上前、このタイタニック号を建造した名門造船所「ハーランド・アンド・ウルフ(H&W)」社が、この夏、破綻しました。2019年8月6日のことです。

このニュースを帰国後に知り、私はものすごく驚きました。

なぜならこの8月6日に、私は偶然、北アイルランドの中心都市ベルファストにある「タイタニック博物館」を訪ねていたのです。この博物館はまさに、破綻したH&Wの造船所跡地に建てられたものです。

タイタニック・ベルファスト

アイルランドの首都ダブリンから鉄道に乗って、北アイルランドの中心都市ベルファストへの日帰り旅。

ベルファスト・ラニヨンプレイス駅に到着したのは、午前10時ごろでした。

ちなみに、北アイルランドはアイルランドではなくイギリスに属するため、通貨もポンドに変わります。

革張りシートの立派なタクシーに乗って、まず向かったのは「タイタニック・ベルファスト」。

あのタイタニック号沈没事故から100年に合わせて建設された「タイタニック博物館」です。

1912年、世界最大の豪華客船として就航したタイタニック号は、イギリス南部のサウサンプトンからニューヨークへの処女航海中、大西洋で氷山に衝突し沈没しました。

「あれ?」

ここで一つの疑問が浮かびます。

なぜ、タイタニック博物館がベルファストに作られたのか?

理由はズバリ、タイタニック号がここベルファストで建造されたからです。

タイタニック・ベルファストは、2012年3月、タイタニック号を建造した「ハーランド・アンド・ウルフ(H&W)」社の造船所跡地に建設されました。

建物の中に入ってみましょう。

1階のロビーには、ミュージアムショップの「TITANIC STORE」のほかレストランやカフェ、そしてチケット売り場があります。

料金は、以下の通りです。

基本的なチケットは、博物館の展示「タイタニック・エクスペリエンス」と博物館脇に係留されている「SS NOMADIC」という連絡船を見ることができる入場券です。

  • 大人 19ポンド(約2500円)
  • 子供(5−16歳) 8.50ポンド
  • 幼児(5歳未満) 無料
  • シニア(60歳以上/月-金限定) 15.50ポンド
  • 学生&失業者(月-金限定) 15.50ポンド

大人2人と子供2人の家族なら、ファミリーパック(46.50ポンド)というちょっとお得なチケットもあるそうです。

このほかに、ガイド付きで建物や敷地をめぐる「ディスカバリーツアー」もあり、大人は9ポンド。

さらに、タイタニック・ベルファストのすべてを体験したいというタイタニックフリークのためには、基本チケットとディスカバリーツアーにお土産の写真がセットになった「ホワイトスタープレミアムパス」もあります。

料金は、大人30ポンド、子供20ポンドです。

タイタニック・エクスペリエンス

チケットを購入したら、2階の展示スペースに進みましょう。

「マルチメディアガイド」という多言語のスマホサービスが用意されています。

利用には4ポンドが必要ですが、館内には表示されない情報が言語と映像で提供されるようです。

ただし対応言語は、英語、アイルランド語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、中国語、ポーランド語。残念ながら、日本語はありません。

展示はまず、タイタニック号が建造された20世紀初めのベルファストの説明から始まります。

当時のベルファストは、アイルランドで最も繁栄する工業都市でした。

特に繊維産業では世界一だったそうです。

そして19世紀は新大陸への移民が大量に生まれた時代で、高速の船と電信の発展が世界の距離を大きく縮めた時代でもありました。

活況を呈する大西洋航路に海運会社は競って高速客船を投入します。

そんな中、ベルファストの造船会社「ハーランド・アンド・ウルフ」は、イギリスの海運会社「ホワイトスターライン」にある提案を持ちかけます。

ただスピードが速いだけではなく、より豪華で設備が整った大型客船の建設です。

こうして「ホワイトスターライン」のために建造されることになったのが、オリンピック、ブリタニック、そしてタイタニックという3隻。当時、世界最大の豪華客船でした。

タイタニックは「ハーランド・アンド・ウルフ」のこの部屋で設計され・・・

大型船を建造するための専用のガントリー(鉄製の構造物)が造船所の敷地内に組まれました。

そして、1909年3月31日、タイタニックの建造が始まります。

面白いのは、これ。

当時、造船所で使われていたタイムカードのような機械です。労働者たちは仕事を始める前にこの機械で木の札を受け取り、終業時にその木の札を返すことで労働時間を管理されました。

館内には、ガントリーの実物大の模型が組まれています。

エレベーターでガントリーの上部に上がるように順路が組まれていて、タイタニック号の大きさを体感することができるのです。

タイタニック・ベルファストは、単なる博物館ではなく、最新の技術を導入してタイタニックの世界を感じることができるアミューズメント施設と言った方がいいかもしれません。

それが一番表れているのがこちらのブロック。

ゴンドラに乗って、造船所の中を探検するアトラクションです。

私も行列に並んだのですが、待ち時間がかなりありそうで、後の予定があったのでやむなく断念しました。

Titanic Belfast公式サイトより
Titanic Belfast公式サイトより

私も体験していないのでちゃんとした説明はできませんが、公式サイトにはこんな写真が載っていました。

そして1911年5月31日、タイタニックはいよいよガントリーを離れて海へ・・・。

ただ、この時点ではまだ客室部分やあの印象的な煙突は完成していなかったのは興味深いところです。

その後の作業を経て、見慣れた勇壮な船体が完成したのは、1912年3月31日。起工から、3年後のことでした。

船内に置かれた家具も再現されていました。

応接セットに・・・

ベッド・・・

さらには、食器類も・・・。

さらにここでは、大きな三面スクリーンを使い、精巧なCGでタイタニックの船内を再現する仕掛けも用意されていました。

時間は4分間です。

客室の真っ白な廊下・・・

こちらは優雅なダイニングルームでしょうか?

とてもよくできています。

CGが動いて艦内を巡っていくので、見る人はある種のVR体験をしているようにタイタニックの世界に没入していきます。

ダブリン〜ベルファストの日帰り旅については、こちらの記事もどうぞ。

<イギリス>ダブリンからベルファストへの日帰り旅 ブレグジットで揺れる国境を越えて・・・

旅したい.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です