<イギリス>ダブリンからベルファストへの日帰り旅 ブレグジットで揺れる国境を越えて・・・

🇬🇧イギリス/ベルファスト 2019年8月6日

EU離脱問題で揺れるイギリス。その最大の難題が、アイルランドとイギリス領北アイルランドの国境管理の問題です。

アイルランドの首都ダブリン滞在中、問題の国境を越えて北アイルランドの中心都市ベルファストまで日帰り旅に行ってきました。

鉄道で片道2時間あまりのはずでしたが、途中思わぬハプニングが待っていたのです。

ダブリン・コノリー駅

ダブリンから北アイルランドに向かうには、鉄道を利用するか、長距離バスに乗るかの二択となります。

距離は170キロほどですが、航空機の直行便はありません。

鉄道なら片道2時間10~15分ほど、バスだと2時間40分前後で、北アイルランドの中心都市ベルファストに到着します。

私は鉄道を利用することにしたので、朝早く国際列車が出発する「ダブリン・コノリー駅」に向かいました。

私が宿泊した宿から一番近い路面電車ルアスの停車場「St Stephen’s Green」からグリーンラインで「O’Connell – GPO」まで行き、近くの「Abbey Street」でレッドラインに乗り換えて「Connolly Station」まで行きます。

「Connolly Station」行きのルアスは本数が少ないので、別の行き先のルアス に乗って一つ手前の「Busáras」で降りても、コノリー駅までは歩いてすぐです。

料金は全て「リープ・カード」で支払いました。

ダブリンの交通カード「リープ・カード」については、こちらの記事を。

<アイルランド>リープ・カードは本当のお得か?ルアス&ダート&ダブリンバスを乗り回す

旅したい.com

こちらが、「ダブリン・コノリー駅」。

市内中心部の少し東に位置しています。

ダブリンでは、行き先別にターミナル駅が別れていますので、間違わないように注意してください。

私がコノリー駅に到着したのは朝7時ごろでした。

まだ朝早いので駅は人影もまばらで、自転車を持ち込む人もいました。

コノリー駅は、主にアイルランドの北方面に向かう長距離列車やダブリン近郊を結ぶ通勤列車、そして国境を越えて北アイルランドまで走る国際列車が発着します。

突然、改札から人が出てきました。

通勤電車が到着したようです。

でも日本と違って、あまりスーツを着た人がいませんでした。

ベルファストまでの切符は窓口か、券売機で購入します。

私は前日下見を兼ねてコノリー駅まで来て、すでに切符を買っていたので、そのまま改札を通ってホームに入りました。

こちらがダブリン〜ベルファストの往復チケット。

料金は、自由席で40ユーロ(約4720円)でした。

国際列車エンタープライズ

私が乗る列車は一番早い7時35分発。

出発の10分前までは待合室で待機します。

国際列車ですが、駅での出国審査は何もありません。

これがベルファスト行きの列車。

機関車は見た目かなりボロい感じです。

でも、客車部分はまだ新しそうに見えました。

ダブリンとベルファストを結ぶこの国際列車は「エンタープライズ」と呼ばれ、アイルランド国鉄と北アイルランド鉄道が共同で運行しています。

「エンタープライズ」は1日8往復。

車内もとてもきれいでした。

ダブリンもベルファストも始発駅で、それほど混んでもいないので、自由席チケットでまったく問題ありません。

座席にはテーブルが付いていて、wi-fiも利用できて、スマホの充電もできます。

座席の上のランプが緑色なら、座ってもOK。

日本のように指定席と自由席が車両で分かれておらず、予約が入っている座席は赤いランプで表示される仕組みなので気をつけてください。

指定席については、こちらの記事もご参考に。

<アイルランド>「百敗の民」の古戦場アスローンで知る重い歴史!列車の旅では窓上にご注意を

旅したい.com

テーブルの上にはこんなメニューが置かれていて、飲み物や軽食を注文することもできるようです。

ほぼ定刻にコノリー駅を出発すると、すぐに右手に海が見えてきました。

この日の空は雲に覆われていて、8月とは思えない暗い海です。

ダブリンを出て、最初に停車する駅は「ドロヘダ Drogheda」。

1643年、アイルランドに上陸したクロムウェル率いるイングランド議会軍が、王党派などの駐留軍を虐殺した攻城戦で知られる町です。

町に流れるボイン川は、アイルランドの歴史上とても重要な川。ドロヘダの少し上流にはタラの丘やニュー・グレンジといった古代の遺跡があります。

次に停車するのは「ダンドーク Dundalk」。

この駅の北5キロほどのところに、イギリスとの国境があり、アイルランド側の最後の駅となります。

ダンドーク駅を出たところで、車掌が回ってきて切符を確認します。ただ、パスポートチェックなど出入国の手続きは何もありませんでした。

その代わり、英語で思わぬことを説明するのです。

「次の駅で降りて、バスに乗り換えてください」

意味がよくわからず問い返しますが、詳しい説明はよくわかりませんでした。何れにせよ、ベルファストに行く客は次の駅でバスに乗り換えるようです。

そこは「ニューリー Newry」という駅。

いつの間にか、もうイギリス領に入っています。

列車はそのまま「ポータダウン」という町まで行くようですが、ほとんどの乗客はこの駅で降ります。

私もよく理解できないまま、他の人たちの流れについていくことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です