<アイルランド>ダブリンぶらぶら散歩!奇跡の経済成長「ケルトの虎」はなぜ実現できたのか?

🇮🇪アイルランド/ダブリン 2019年8月5日~8日

ヨーロッパ諸国の中でアイルランドというのは、あまり目立たない存在です。

ところが、実は豊かな国なのだということを今回の旅で知りました。

2018年の「一人当たり名目GDP」ランキングによると、アイルランドは日本よりずっと上の世界第5位。EU28カ国の中でも、ルクセンブルクに次いで第2位です。

かつては「ヨーロッパの最貧国」と呼ばれ、大量の移民を国外に送り出してきたアイルランドの急成長は「ケルティックタイガー(ケルトの虎)」と呼ばれています。

どうやってアイルランドは豊かな国になったのか? 

首都ダブリンの街をぶらぶらしながら、その成長の理由を探ってみました。

グラフトン・ストリート

ダブリン有数の繁華街「グラフトン・ストリート」。

平日でも多くの人が、歩行者天国のそぞろ歩きを楽しんでいます。

道端では花が売られていて・・・

様々なお店が軒を連ねる、ショッピング街です。

路上ライブにも、いつも人だかりが・・・

エンヤをはじめ、アイルランドはケルティック音楽で人気の国。今回の旅行前に観た映画「ONCE ダブリンの街角で」も、ストリートミュージシャンが主人公の素敵な小品でした。

私たちがたまたま聴いた女性シンガーもとても魅力的だったので、思わず動画を撮ってしまいました。

彼女が歌っていた場所の向かい側には、ダブリンでも有名なちょっと面白い老舗のカフェがありました。

ビューリーズ・カフェ

「ビューリーズ・グラフトン・ストリート Bewley’s Grafton Street」。

「Bewley’s」は1840年創業のアイルランドを代表するコーヒー&紅茶の老舗です。

グラフトンストリート店はビューリーズの旗艦店で、改修工事の後、2017年にリニューアルオープンしたそうです。

入り口を覆うほどの大きな花飾りの下をくぐって店内に入ってみると・・・

左側にテイクアウトのカウンター、右側と奥にテーブルが並んでいました。

並んでいる商品はどれも見た目が美しく、美味しそうです。

せっかくなので、ここで軽めのランチをいただくことにしました。

真っ先に目を引くのは、独特の装飾のステンドグラスの数々。

アールデコ風のちょっと耽美的な雰囲気を漂わせます。

壁際に置かれたゆったりとしたベンチシート。

客の大半は観光客のようです。

ステンドグラスの前には、何やら彫像のようなものが置かれています。

私たちの席のすぐ脇には、こんなリアルな女性の人形が置かれていて、ただならぬ雰囲気を醸し出しています。

ついついこの人形の女性と目が合ってしまいます。

店の公式サイトには、こんなことが書いてありました。

『芸術、工芸、文化は私たちのDNAの中にあります。』

店内に置かれた数々の芸術品。これを鑑賞するための公式ツアーも定期的に開かれているそうです。

このちょっと不思議なお店で私が注文したのは・・・

「Bewley’s Irish Coffee」(9ユーロ)。

アイリッシュ・ウィスキーがたっぷり入った温かい「アイリッシュコーヒー」です。

ボーイさんが席までコーヒーを運んで来てから、生クリームをグラスに注いでくれます。

さすがに、アイルランドの名門店。

この手さばきを見ているだけで期待感が高まってきます。

最後にコーヒー豆のかけらを散らして完成。

これがビューリーズ伝統のアイリッシュコーヒーです。

甘さは控えめ。私の期待値が高まりすぎていたせいか、正直それほど美味しいとは感じませんでした。

一緒に注文したのは、「Bewley’s Apple Pie」(5.50ユーロ)です。

ほとんどがリンゴで、思ったよりあっさりとした味。

これが、この日の私のランチでした。

ちなみに妻は・・・

「Soup & Open Sandwich」(12ユーロ)を頼んでいました。

料理が特別美味しいという印象もありませんが、この老舗カフェは一見の価値があると思います。

そして、グラフトン・ストリート界隈を歩いていると、日本とは一味違った居心地の良さを感じるのです。

目をみはる高層ビルはありませんが、これが豊かさというものなのでしょうか?

ちなみに、アイルランドの一人当たりGDPは日本のほぼ2倍です。

「Bewley’s Grafton Street」
営業時間:
月-水 7:30-19:00
木   7:30-21:00
金   7:30-20:00
土   8:00-20:00
日   9:00-20:00
https://www.bewleys.com/ie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です