<フィンランド>世界最高の図書館!ヘルシンキ中央図書館「Oodi」でフィンランド教育を実感する

🇫🇮フィンランド/ヘルシンキ 2019年8月2日

ヘルシンキに新しく完成した中央図書館「Oodi」。

そこは、これまでに見たことのないような素敵な図書館でした。

帰国後、その図書館が2019年の「Public Library of the Year(公共図書館オブ・ザ・イヤー)」に選ばれたというニュースを聞きました。

世界から注目される「フィンランド教育」を体現したような「ヘルシンキ中央図書館 Oodi」をご紹介しましょう。

偶然見つけた建物

フィンランドの首都ヘルシンキに到着した日、宿にチェックインした私たち夫婦は食料の買出しがてら近所を散歩しました。

私たちの宿は、ヘルシンキ中央駅近くの再開発エリアにあり、目の前が大きな公園になっていました。

真新しい遊具で子供たちが遊び・・・

イスラムの衣装に身を包んだ女性たちも子供たちとバスケに興じていました。

その公園から見て、ちょっと気になるものがありました。

このサーカーコートではありません。

後ろに見える、真新しい建物です。

無機的な外観ですが、よく見るとテラスのようなところがあり、人影が見えます。

「あそこは、何だろう?」

買い物の後で訪ねてみると、そこは素敵な図書館だったのです。

私たちが泊まった宿については、こちらの記事をどうぞ。

<フィンランド>駅近でモダン!ヘルシンキのオススメ宿「Apartment Hotel Aallonkoti」

旅したい.com

ヘルシンキ中央図書館「Oodi」

ある意味、この図書館を訪れたのはまったくの偶然でした。

しかも建物の1階に入っても何の施設か見当がつきません。

1階にはカフェがあったり、このような公開収録のスペースがあったり・・・

屋外に出ると、ステージがあって、番組収録の準備をしていたり・・・

ショッピングモールか何かなのかと思って、エスカレーターで上の階に上ってみました。

最上階の3階まで上ってみると、そこが図書館であることが初めてわかりました。

仕切りのないワンフロア全体にゆったりと本が並んでいます。

白い天井がうねるモダンな作りで、大きな窓から差し込む豊かな光が室内を適度な明るさに保っています。

ドーム型のソファーに体を沈め、本を読みふける女の子。

とてもセンスのいい、モダンな図書館のようです。

図書館スペースの端っこは、なぜか床が傾いていて、その上り坂になったフローリングの床に座り込んで時間を過ごしている親子もいます。

何だか、とても「自由」を感じさせる空間です。

「いいな、ここ」

思わず、そんな感想が湧き上がってきます。

でもこの図書館の特徴は、単に建物がユニークなことではありません。

ここでは、20ヶ国語の本を楽しむことができます。

他の図書館では読むことのできない、膨大な種類の雑誌も揃っています。

さらに映画や音楽、ゲームのソフトも豊富の取り揃えていて、無料で楽しむことができるのです。

そして、ありました。

公園から見えたテラスです。

私が訪れたのは夕方でしたが、このテラスに面した席。寒い冬でもきっと気持ちが良さそうです。

テラスに出てみます。

ウッドデッキの上に椅子を並べて、沈む夕日を眺めながら想い想いの時を過ごす人々。

この人など、大きな荷物を持ち込んで、一日こうして好きな本を読みながら過ごしている雰囲気です。

勉強=読むこと

実は、本を読むことは、フィンランド教育の大きな特徴となっています。

フィンランドの教育では、「勉強=読むこと」という意識が徹底されているそうで、子供たちの放課後の過ごし方も、外で遊ぶか、本を読むかというのが主流だといいます。

そしてフィンランド教育の最大の特徴は、初等教育から大学院まで公立・私立を問わず授業料が無料ということです。

教育こそは重要な公共サービスであり、どんな境遇の子供たちにも平等な教育機会が与えられます。

消費税に当たるフィンランドの付加価値税は24%。

その税率の高さには驚きますが、それによってこうした公共サービスが実現するのであれば、一つの選択肢だと思えてきます。

そんなフィンランド教育が、2000年から始まったOECDによる「学習到達度調査(PISA)」でトップクラスの成績を収めたため、俄然世界的な注目を浴びることとなったのです。

この中央図書館「Oobi」が、フィンランドの独立100周年のメインプロジェクトとして完成したのも、教育を大切にするお国柄ということでしょう。

100億円を超える建設費は、ヘルシンキ市と国が支出しました。

ちなみに、「Oobi」とは、フィンランド語で「頌歌(しょうか)」という意味だそうです。頌歌と言われても意味がよくわからず調べてみると、「神の栄光、君主の徳、英雄の功績などをほめたたえる歌」でした。

「Oodi」の小冊子を見ると、その理念の第一に「Equality」、すなわち「平等」を掲げています。

すべての人に、Oodiを利用する権利があります。特別な理由がなくOodiで時間を潰しても大丈夫、むしろおすすめです。

私たちは、人種的偏見や差別を許しません。

「Oodi」小冊子より

そんな「Oodi」の理念、本当の魅力がいっぱい詰まっているのが、2階のスペースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です