<エストニア>世界遺産「タリン歴史地区」の素敵な街歩き!最古のカフェ「マイアスモック」でひと休み

🇪🇪エストニア/タリン 2019年8月4日

ヘルシンキからフェリーに乗って隣国エストニアの首都タリンまで日帰り旅行。

ハンザ同盟の最北の都市として繁栄したタリンは、中世の街並みを冷凍保存したような素敵な旧市街を持っています。

1997年に世界遺産にも登録された「タリン歴史地区」をぶらぶらと街歩き。エストニア最古のカフェでランチをいただき、土産物屋で見つけた小さな人形を記念に買いました。

何の予備知識もなかったタリンですが、心踊る街歩きとなりました。

タリン港から旧市街へ

フィンランドのヘルシンキからフェリーで2時間。タリンの港に着いたのは、午前9時半ごろのことでした。

船から見えたタリンの街は、ITベンチャーで名高いエストニアのイメージにふさわしい近代都市に見えました。

ヘルシンキ〜タリンの船旅については、こちらの記事をどうぞ。

<エストニア>帰りの船に乗り遅れた!豪華フェリーで行くヘルシンキ〜タリン往復日帰り旅

旅したい.com

入国検査もないままエストニアに上陸します。

とりあえず目的地は世界遺産となっている旧市街、「タリン歴史地区」です。

ガイドブックの大雑把な地図だけを頼りに、海沿いの道を歩きます。

20分ほど歩くと、城壁のようなものが現れました。

「Small Coastal Gate Bastion」と呼ばれる中世の門、その向こうに見えるのは「聖オラフ教会」の尖塔です。

この先が旧市街のようです。

旧市街に一歩足を踏み入れると、中世にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。

そもそもタリンの起源は、1219年にデンマーク王バルデマール2世がエストニア人の要塞集落を占領し、そこに「トームペア」と名付けた城塞を築いたことに始まるそうです。

1285年にはハンザ同盟に加わり、貿易港として繁栄します。その後、ドイツ騎士団がこの地を治めたことから、20世紀の初めまでドイツ文化の強い影響を受けてきました。

その間、町はスウェーデン領になったり、ロシア領になったり変遷を遂げますが、バルト・ドイツ人がタリンの実権を握る状況は変わりませんでした。

街を歩くと、パステルカラーの建物が並び、壁面の装飾や飾られた植物など見ているだけで楽しくなる素敵な街です。

第二次大戦後、エストニアはソ連に併合されます。

ソ連といえば、重厚で無愛想な社会主義建築を思い浮かべますが、この街にはそんな暗い面影は微塵もありません。

午前10時すぎのタリン旧市街はまだ観光客の姿もまばら・・・。

可愛らしい街並みを眺めながら緩やかな坂を登っていくと、すぐに中心部にたどり着きました。

エストニア最古のカフェ

どこに何があるのかも知らず、ただ道なりにだらだら坂を上っていくと、左手に目を引くショーウィンドーがありました。

窓の内側に小さな観覧車。

窓全体が額縁のようです。

近づいてみると、コーヒーカップが回っています。

そして、観覧車の中央部分は・・・

たくさんのスプーンで作られていたのです。

どうやらここは、カフェのようです。ちょっと入ってみることにしました。

そこは、とても素敵なお店でした。

歴史を感じさせる重厚な内装、天井には独特な装飾が施されています。

偶然入ったお店ですが、実はエストニア最古のカフェだったことを後で知りました。創業は1864年だそうです。

お店の名前は、「マイアスモック Maiasmokk」。

エストニア語で「甘党」を意味するそうです。

店内から見ても、あの観覧車、絵になります。

このカフェで私たちが注文したのがこちら・・・。

妻が注文したのは「Kakao」。

ホット・チョコレートのようです。

表面には泡がたっぷりで、濃厚な味わいです。

こちらは「KIHILINE KUPSIS」というチョコレートケーキ。2.5ユーロ。

チョコとジャムの相性も良く、美味しいケーキです。

そして最高だったのは、私が注文した「Vana-Tallinna Kohv」。6ユーロ。

タリンという名前に惹かれてなんだかわからずに注文しましたが、飲んでみるとこれが大正解。

お酒の入った、アイリッシュコーヒーのような感じです。

「ヴァナタリン」は、エストニアを代表するリキュールで、甘くて強いお酒だそうです。

これをコーヒー(kohv)に入れ、クリームをたっぷり載せたのが、「Vana-Tallinna Kohv」。

お酒が飲める方には絶対にオススメです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です