<エストニア>帰りの船に乗り遅れた!豪華フェリーで行くヘルシンキ〜タリン往復日帰り旅

🇪🇪エストニア/タリン 2019年8月4日

ヘルシンキ観光の魅力的な選択肢の一つに、隣国エストニアへの日帰り旅があります。

「タリンク&シリヤライン」のフェリーで片道2時間。日本のフェリーとは比べ物にならない豪華な船で、クルーズ気分を味わいながらバルト海の旅を楽しむことができます。

エストニアの首都タリンはかつてハンザ同盟の都市として繁栄し、その中世の面影を色濃く残す世界遺産の街です。

ただ、私たちは出発時刻前に港に到着したにも関わらず、帰りの船に乗ることができませんでした。そんな失敗談も含めて、ヘルシンキ〜タリンの素敵な船旅をご報告します。

7番のトラムでT2へ

タリン行きのフェリーに乗るためには、ヘルシンキ西港のターミナル2に行かなければなりません。

朝一番早い船は7時30分出港。

私たち夫婦は、宿泊先近くのヘルシンキ中央駅から路面電車で港に向かいます。

まだ朝の6時半を回ったところ。

街に人はまばらで、カモメたちが我が物顔で飛び回り、ゴミを漁っていたりします。

ターミナル2行きのトラムは7番または6T番。

私たちは7番のトラムに乗って終点まで行きます。

切符は前日に購入した「デイチケット」でOKです。

ヘルシンキのデイチケットについては、こちらの記事をどうぞ。

<フィンランド>かもめ食堂・イッタラ・岩の教会!デイチケットを買って1日ヘルシンキをぶらぶら旅

旅したい.com

ターミナル2に到着したのは、ちょうど7時ごろ。

港は閑散としています。

ヘルシンキ西港ターミナル2

ヘルシンキ港はヨーロッパでも有数の旅客数を誇り、2018年には1210万人がこの港を利用しました。

主要路線は、エストニアのタリンとスウィーデンのストックホルムです。

タリン行きはこの西港T2がメインとなり、ストックホルム行きはオリンピアターミナル(南港」から発着します。

T2の真新しい建物に入ると、「TALLINK」のカウンターがあります。

タリンクはエストニアの船会社で、フィンランドのシリヤラインなどを傘下に収め、バルト海フェリーの業界最大手となりました。

私たちはカウンターで往復チケットを買いましたが、自動販売機もあります。事前にネットで予約して、ここで発券することも可能です。

料金は出発時間や曜日によってかなり違っています。

私たちが乗った7時半の船と比べ、次の10時半出発の船はニーズが高いので値段も高めに設定されているようです。

そこで私たちは、一番早い7時半の船でタリンに行き、早めに観光を切り上げて13時半の船でヘルシンキに戻ることにしました。

片道で買うとそれぞれ35ユーロと39ユーロですが、往復で買うと割引が効いて一人60ユーロ(約7000円)です。

船の出発時刻や料金については、タリンク&シリヤラインのサイトでご確認ください。

https://www.tallinksilja.com/ja/helsinki-tallinn-timetables

切符を購入したら自動改札を通り、2階の出発ロビーに向かいます。

目の前には大きな窓。

ちょうど大型のクルーズ船が入港するところでした。

私たちが出発ロビーに上がった時、すでに乗船が始まっていました。

実にスムーズです。

ただこの時、私はとても重要なことを知りませんでした。

チェックインは出港時間の30分前に締め切られ、20分前には乗船ゲートが閉まってしまうのです。

つまり、7時直前にT2に到着した私たちは、実はギリギリで船に駆け込んだ格好だったのですが、そのことを知らなかった私たちは帰りの船に乗り損なう失敗を犯してしまったのです。

豪華フェリー「スター号」

私たちが乗ったフェリーは「スター号」。

2007年に建造された大型フェリー、乗員定数は2080人です。

乗客が乗り込むのは船の7階部分。

ここから上の3フロアが客室、下に自動車の収納スペースがあります。

船に乗り込むと、船内に行列ができていました。

「DELIGHT BUFFET」、食堂です。

朝の便なので、船内で朝食を済まそうという客が乗船と同時に食堂に押しかけているようです。

ビュッフェスタイルで何をどれだけ食べても定額、7時半と10時半の船で提要される「朝食ビュッフェ」の場合、大人13ユーロ(約1530円)。事前予約した人は12ユーロです。

私たちはすでに朝食を済ませていたのでここでは食べませんでしたが、メニューをのぞくとなんと日本語表記もありました。

肉・魚料理からデザートまで料理の種類は実に豊富。

「昼/夜ビュッフェ」(28ユーロ)の場合、ワインやビールも飲み放題だそうです。

他にも、「バーガーキング」のお店や、一流レストラン「アラカルト」、「スターバックスコーヒー」やお酒が楽しめる「SUN DECK BAR」もあります。

乗客たちは、2時間の船旅の間、好きな場所に陣取り自由に時間を過ごすことができるのです。

私たちは基本的にゆったりとしたソファー席がある「シー・パブ」にいることが多かったのですが、そこで何も注文しませんでした。

スター号には、そのほかにも様々な施設があります。

中央に設置された階段を上ったり下ったりしながら探検します。

驚いたことに、スーパーマーケットがあります。

主には、空港の免税店のような品揃えですが、中には・・・

かなり豊富な食料品や・・・

タリンク&シリヤライン限定のムーミングッズも売られています。

そのほか、化粧品や香水を扱う「PERFUME SHOP」など、国境を利用した免税店も船内に店を構えています。

お買い物好きの方には、いい時間潰しになるかもしれません。

そのほか、ゲームセンターがあったり・・・

キッズ用のスペースがあったり・・・

さらに追加料金を支払った乗客だけが入れるスペースもあります。

こちらは、「STAR CONFORT LOUNGE」。

船の進行方向に大きな窓が設置された特等席で、利用するためには一人24ユーロの追加料金が必要です。

こちらの「BUSINESS LOUNGE」は、空港のラウンジのような場所で、静かな環境で仕事をしたいビジネス客用のスペース。

利用料は一人65ユーロで、お酒も含めドリンクや軽食の無料サービスがあるそうです。

また、個室も用意されています。

窓があるAクラスが一室50ユーロ、窓のないBクラスが一室40ユーロの追加料金で利用できます。

全室シャワー・トイレが付いているので、カップルやご家族、高齢者のニーズはありそうですが、一般の方は狭い個室よりも船内の気に入った場所で過ごした方が気持ちがいいと思いました。

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です