<フィンランド>「MaaS先進地」ヘルシンキで、話題のシェア電動スクーター「Lime-S」に乗ってみた

🇫🇮フィンランド/ヘルシンキ 2019年8月2日~5日

「MaaS」という言葉を最近日本でもよく耳にするようになりました。

「Mobility as a service」の略で、テクノロジーを使ってあらゆる交通手段をシームレスにつないで目的地まで移動しようという新しい交通の考え方です。

その先進国として世界から注目されるのが北欧のフィンランド、中でもヘルシンキです。

ITにあまり強くない私も、せっかくなのでほんの少しだけ体験してみました。

シェア電動スクーター

「電動スクーター」というものをご存知でしょうか?

こちらが、電動スクーター。私たちが宿泊した宿のすぐ近くに並んでいました。

ヘルシンキの街を歩くと、このように至る所でこの電動スクーターを見かけます。これは、最近日本でも増えてきた「シェア自転車」のように、スマホを使って利用できるシェアリングサービスとして急速に普及しています。

こんな感じでヘルメットもかぶらず気楽に乗っています。

電動なので、自転車と違って漕がなくてよく、スピードも出ます。ヘルシンキではみんなゆっくりと走っていましたが、最高25kmほど出るそうです。

中には2人乗りしている人たちもいます。

馬力も結構あるようです。そして何より楽しそう・・・。

「私もこれに乗ってみたい」

ヘルシンキ滞在中の、私の新たなテーマができました。

DNAのSIMカード

シェア電動スクーターを利用するためには、スマホが使えなければなりません。

私は海外ではなるべくスマホを使わない主義で、何か調べたい時には宿のwi-fiを使い街中では勘に頼って旅をします。だから多くの旅行者が利用しているプリペイド式のSIMカードというものを使ったことがありませんでした。

でもそんなことは言ってはいられません。

早速ネットで調べ、SIMカードを買いに行きます。

お店は、ヘルシンキ中央駅にほど近い商業ビルの中にありました。

フィンランドで最もポピュラーなのは、ここ「DNA」という会社のSIMカードのようです。

DNAのSIMカードは空港や街中のキオスクでも買えるようですが、参考までに私が行ったお店の地図を載せておきます。

せっかくなので旅行中EU内のほかの国でも使えるSIMカードが欲しいと思ってやる気なさそうな店員のお兄ちゃんに聞いてみたのですが、「そんなものないよ」と言いながら5日間使えるプリペイドSIMを出してくれました。

こちらが私が購入したSIMカード。

DNA社「Super Prepaid 4G」

価格は5ユーロ、日本円でわずか600円ほどです。

仕組みはとてもシンプルで、4Gネット使い放題で1日0.99ユーロ。

5ユーロ分チャージされているので、電話などしなければこれ1枚で5日間ネットが使い放題となります。めちゃめちゃ安くないですか・・・。

さらに使いたければ、追加のチャージも可能で、有効期間は使い始めから6ヶ月。よく意味がわかりませんが、最後にチャージしてからさらに12ヶ月有効とも書いてあります。

さらにさらに、EUなど100ヶ国以上で使用可能と書いてありました。

あの店員のお兄ちゃんと言うことが違うと思いましたが、ほかの国でも試してみましたが、つながりませんでした。何か設定の問題かもしれません。

中には、こんなカードが入っています。

金属が付いた部分がSIMカードで、お使いのスマートフォンの規格に合うサイズ(ミニ・マイクロ・ナノ)に切り取って日本のSIMカードと差し替えます。

電源をONにすると、そのままネットに接続しました。私が使用するネット検索や地図のチェックなどでは全くストレスはありません。

ノキアを生んだ国フィンランドは、高速通信が普及しているのです。

この記事を書きながら、DNAのSIMカードについてとても詳しく解説しているサイトを見つけましたのでリンクを貼っておきます。

「フィンランド用短期滞在格安携帯ネットシムカードDNA Super Prepaid」

出典:キートスショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です