<フランス>ルクセンブルクから日帰り旅!三千年の古都メッスでシャガール、マルシェ、キッシュ、チョコレートを楽しむ

🇫🇷フランス/メッス 2019年8月9日

ルクセンブルクをベースにすると、フランス、ドイツ、ベルギーへの日帰り旅も楽しめます。

ということで、この日は国際列車に乗ってフランス北東部の町、メッスまで行ってみることにしました。

ほとんど予備知識もなく訪れたメッスですが、3000年の歴史を持つフランス最古の町の一つで、壮麗な大聖堂や魅力的な市場、美味しいものもたくさんある素敵な街でした。

国際列車で1時間

朝8時、ルクセンブルク中央駅にやってきました。

1859年に開業し、現在の駅舎に建て替えられてからもう100年以上。モーゼル・ネオバロック様式の歴史建造物です。

ルクセンブルク国的のほぼすべての列車がターミナル駅であると同時に、フランス、ドイツ、ベルギーなど多くの国際列車がこの駅を発着します。

国内線の列車ならバスなどと共通の1日券(4ユーロ)で乗り放題ですが、国際列車は新たに切符を買う必要があります。

「INTERNATIONAL」と書かれた売り場で行き先を告げ、往復チケットを買いました。

ルクセンブルク LUXEMBOURG からメッス METZ までの往復チケット。

1人21.60ユーロ(約2550円)です。

出国手続きはなく、改札すらないので、切符を買ったらそのままホームに向かいます。

8時16分発のメッス行き列車TERです。

TERは「Transport express régional 地域圏急行輸送」の略で、フランス国鉄が運行している快速電車のようなものです。

車両は2階建で、1等席と2等席に別れています。

私たち夫婦は、2階の2等席に座ります。外見よりも車内はきれいで、朝早いせいかガラガラでした。

ちなみに、ガラスの仕切りの向こうは一等席。

ちょこっと覗いてみましたが・・・

シートの色が違う以外、大きな違いはない印象でした。

車窓からの景色は、予想したほどきれいではありませんでした。

沿線には新旧さまざまな工場が見えます。

ルクセンブルクも、メッスを中心とするロレーヌ地方も、石炭や鉄鉱石の産地として知られ、昔から鉄鋼業が発達しました。

フランスとドイツが1000年に渡ってこの地を奪い合い、多くの戦争の引き金となった因縁の土地なのです。

行きも帰りも、途中で切符のチェックがありました。

ここでもパスポートのチェックはありません。いつ国境を越えたのかさえわからないのは、旅行者としてもむしろ残念ではあります。

それにしても、このチャラいお兄ちゃん、いかにもフランスです。

ルクセンブルクを出ておよそ1時間。列車はモーゼル川を渡ります。

いよいよメッスに到着です。

フランスの最も美しい駅

メッス駅に到着したのは、9時すぎ。

なかなか重々しい駅です。

それもそのはず、この駅は1908年、ドイツによって建てられました。

普仏戦争に勝利したドイツ帝国は、1871年から第一次大戦でドイツが負ける1918年までアルザス=ロレーヌ地方を併合していました。その時代の建物なのです。

でもフランス人はそんなことはあまり気にしないのか、メッスがフランスに戻った後も、ドイツの建築家が建てたこの駅舎はそのまま使用されています。

ただ、そのまま使うのではなく、構内にこんな不思議なオブジェを置いたりしてフランスの遊び心を演出しているようです。

駅にはピアノも置いてあります。

フランス国鉄の駅には100ヶ所以上ピアノが置かれているそうです。2012年にパリのモンパルナス駅に、誰でも自由に弾けるピアノが初めて設置されてから全国に広がったといいます。

その名も・・・

「A VOUS DE JOUER! あなたの番ですよ!」

こうしたピアノは、フランス以外の駅や空港にも広がっています。そういえば、NHK-BSが時々、駅に置かれたピアノを定点観測する番組「駅ピアノ」を放送していますよ。

さて、メッス駅の外に出てみます。

とても駅とは思えないすごい重厚な建造物です。新興国として一気にヨーロッパ列強の仲間入りをした当時のドイツの勢いを感じることができます。

建物の長さが300m、時計塔の高さは40mあるそうです。

ちなみに、駅舎のお隣に建つ水道塔もすごい迫力です。

これは蒸気機関車に水を供給するために作られたものだそうです。

そして面白いのは、このメッス駅が2017年、「フランスの最も美しい駅」に選ばれたことです。

これはフランス国鉄が自社のFacebook上で行ったコンテストで一般の投票によって選ばれました。ドイツ占領時代に建てられた建造物が優勝するとは、フランス人も太っ腹です。

旧市街でゲランドの塩を買う

駅のインフォメーションに立ち寄ると、地図のコピーをくれて「この辺りが旧市街よ」と教えてくれました。

なんのあてもないので、とりあえずそちらの方向に歩いてみることにしました。

いかにもフランスらしい場所に出ました。

多くのお店はまだ開店前で、食料品店のオヤジさんが店の前に果物を並べ、開店の準備をしていました。

美味しそうです。

肉屋はもう営業しています。外観からして美味しそうです。

私の大好きなパテやテリーヌも並んでいます。

このまま宿に帰るなら買いたいところですが、これから観光、あきらめます。

お花屋さんも、とてもセンスがいい。

やはりフランスの街は、歩いていて本当に楽しくなります。

ここが街のメインストリート、「セルプノワーズ通り」。

フランスを代表するデパート「プランタン」も店を構えていますが、まだ開店前です。

そんな朝の街を歩いていると、「CASINO」というパリ駐在時代に妻がいつも利用していたスーパーを見つけ、「ゲランドの塩」を3つ買いました。13.50ユーロ(約1600円)。日本の半値か、3分の1の値段です。

フランス北西部ブルターニュ地方の特産品である「ゲランドの塩」。我が家の食卓には欠かせない飛びっきり美味しいお塩です。日本ではなかなか手に入らず、しかも高価です。

この日、わざわざフランスの町に来た一番の目的が実はこの「ゲランドの塩」を調達することだったので、早々に目的達成です。

プランタンの近くにある「CAFE DE LA PRESSE」で一休み。

エスプレッソを注文し、トイレを借ります。

ごくごく普通の庶民的なカフェ。エスプレッソは1.70ユーロ(約200円)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です