<ルクセンブルク>国境なき欧州!「シェンゲン協定」のシェンゲンを訪ね、歩いてドイツ&フランスの国境を越える

🇱🇺ルクセンブルク/シェンゲン 2019年8月10日

「シェンゲン協定」をご存知でしょうか?

1985年に締結されたこの協定により、締結国間の国境検査が段階的に撤廃され、「国境なき欧州」の第一歩を踏み出しました。5カ国から始まったシェンゲン協定ですが、今では26カ国に広がりました。

国境を巡って戦争に明け暮れたヨーロッパで、人と物の交流を自由にするシェンゲン協定はまさに歴史的な実験なのです。そして、この協定が締結されたのが、ルクセンブルクの国境の町シェンゲンでした。

この小さな町を訪ねると、ドイツやフランスに歩いて行ける本当に開かれた国境がそこにはありました。

路線バスでシェンゲンへ

シェンゲンへの行き方はネットにいろいろ情報が出ているので、それを参考に宿泊していたルクセンブルク市内から路線バスを使って行ってみることにしました。

参考にさせていただいたのは、「EuroTraveller」というブログの記事です。

「ルクセンブルク発半日観光に!EUの原点シェンゲンまでのアクセス方法」

ただ残念ながら、記述通りにはうまくいきませんでしたので、私たち夫婦のケースをご紹介したいと思います。

シェンゲンへの出発点は、ルクセンブルク中央駅です。

午前中ルクセンブルク市内をぶらぶらしランチを食べてからの出発でしたから、バスに乗ったのはもう午後2時半を回っていました。

乗ったのは、ブログの教えの通り、175番のバス。行き先は「Remich」という町です。

公共交通機関すべて乗り放題の1日券(4ユーロ)を購入しているため、新たに切符を買う必要はなく、ただ止まっているバスに乗り込みます。運転手が私たちの切符を確認することもまったくありません。

まあ普通の路線バスですが、ルクセンブルクのバスは地方路線でもピカピカでとても快適です。

ルクセンブルクの公共交通機関は2020年から無料化されます。1日券の買い方も含め、詳しくは・・・

『<ルクセンブルク>世界初!2020年から公共交通機関を無料化するルクセンブルクでバス&トラム&鉄道に乗る』

旅したい.com

バスは走り出すとすぐに街を抜け、広々とした田園風景が広がります。

印象的だったのは、田舎に行っても家がみんな立派で、貧しそうな建物がないことです。

さすが、一人当たりGDP世界一の国だと感心したものです。

ここで問題発生。

参考にしたブログには、40分ほど乗車し「Bech-Kleinmacher, Centre」という停留所でバスを乗り換えると書いてあるのですが、バスの前方に取り付けられたモニターにはいつまで経ってもその名前が出てこないのです。

「どうしよう? どうしよう?」と思っている間に、バスは葡萄畑の中を走り、終点のRemichに到着しました。

帰国後見つけたのですが、バスのルートや時刻は下記で検索できるようです。https://www.mobiliteit.lu/se-deplacer/horaires-et-reseaux/bus

モーゼル川遊覧の拠点ルミシュ

バスの運転手に相談すると、ここルミシュのバス停で待っていると185番のバスが来るから、それでシェンゲンまで行けると教えてくれました。

運転手の指摘通り、バス停には185番の時刻表があり、行き先の中に「Schengen」の文字があります。

ただその日は土曜日だったので、バスは1時間に1本しかありません。

気長に待つことにして、とりあえず周辺をぶらぶらします。

バス停の脇はもうモーゼル川。川の向こう側はドイツ領です。

岸辺にはびっしりと遊覧船が並んでいました。

バス停の目の前にはちょっと奇抜な建物が・・・。

インフォメーションと書いてあるので観光案内所だと思ってシェンゲン行きのことを聞いてみると、「船で行くのか?」と問います。

ここは遊覧船の案内所でした。ちょうど遊覧船が出発するところだったようです。

モーゼル川は、ルクセンブルクとドイツの国境を流れる国際河川です。

両岸の斜面にはぶどう畑が広がり、ドイツを代表するモーゼルワインの産地として多くの観光客が船遊びを楽しみます。

さらに、ヨーロッパ各国を巡るリバークルーズの寄港地ともなっているそうです。日本人には馴染みの薄いリバークルーズですが、陸地が見えない海のクルーズよりもいいかもしれません。

いつバスが来るか心配なので、街の方には行きませんでしたが、ルクセンブルク南端部では最も賑やかな町だそうで、結構いい宿もあるようです。

シェンゲンまでは9km、そしてフランスまでもあと11kmと標識には書かれていました。

ルミシュに寄港するクルーズ情報は下記のサイトが参考になります。

「CRUISEMANS」https://cruisemans.com/countries/67/port-calls

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です