<ルクセンブルク>世界初!2020年から公共交通機関を無料化するルクセンブルクでバス&トラム&鉄道に乗る

🇱🇺ルクセンブルク 2019年8月8日〜12日

ルクセンブルク政府は昨年、全国の公共交通機関を2020年から無料化すると発表しました。もちろん世界初の試みです。

理由は渋滞緩和と環境対策。さらには、都市交通の改革です。

実はEUの小国ルクセンブルクは、一人当たりのGDPが世界一というお金持ちの国。2018年からは未成年者の公共交通機関無料を実現しています。

そもそもルクセンブルクの公共交通機関は全て国営で運営されていて、ずっと赤字です。それでもあえて無料化に踏み切る背景が、実際に現地で交通機関を利用して少し見えてきました。

1回2ユーロ、1日4ユーロ

ドイツとフランスに挟まれた小国ルクセンブルク。三方を高い崖に囲まれた旧市街は、昔から要塞都市として発展し、今では世界遺産にも登録される風光明媚な街です。

そんなルクセンブルクの公共交通機関の料金体系は、驚くほどシンプルです。

1回分のシングルチケットは国外に出ない限り全国一律2ユーロ。しかも2時間の間であれば、乗り換えも自由です。

さらに1日券を買うと、一日中何回乗り降りしようが一律4ユーロ。バスでも鉄道でも路面電車のトラムでも同じです。

こちらが一日乗車券。ただの印字された紙のチケットです。

よく見ると、有効期限が翌朝の4時となっています。私は勝手に購入から24時間有効だと思って使っていましたが、正確には午前4時を過ぎると新しい切符を買わなければならないようです。

切符は駅の窓口やキオスクなどでも買えるようにですが、私たちはバス停に設置された自動販売機で購入しました。

クレジットカードも使えて、簡単に買えます。

改札がない

驚くのは、ルクセンブルクには改札というものが一切ないことです。

主要な交通機関はバスですが、車両はピカピカなのに乗車時の運転手による切符のチェックもありません。

切符を持っていない人だけ、運転手に言って乗車時に支払いますが、ほとんどの人はバスの好きなドアからただ乗り込み、目的地に着いたら黙って降りていくだけです。

欧州司法裁判所などEU関連の施設が立ち並ぶキルシュベルグ地区を走る路面電車もピカピカ。

こちらも誰も切符をチェックに来ません。

唯一の例外は、外国につながっている鉄道です。

日本のような駅の改札はありませんが、車内で車掌が回ってきて検札がありました。

でも、ルクセンブルク国内の移動であれば、1日券の紙切れさえ持っていれば何の問題ありません。

とにかく日本では信じられないような実に簡単なシステムです。無賃乗車しようと思えば楽勝。もともと儲けようという発想がないのだと感じます。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です