<アイルランド>リープ・カードは本当のお得か?ルアス&ダート&ダブリンバスを乗り回す

🇮🇪アイルランド/ダブリン 2019年8月5日~8日

ダブリンの公共交通機関の中心は、2階建てのダブリンバス。そのほかに、路面電車のルアスや近郊列車のダートがあります。

あまり連携の良くないこれらの公共交通を利用する際、オススメとされるのが緑色の「リープ・カード」。日本のスイカ・パスモと同じようなチャージ可能な交通カードです。

短期の旅行者でも本当に便利なのか、私もリープ・カードを買ってダブリン市内を乗り回してみました。別の選択肢もあったようです。

リープ・カードを買う

これが「リープ・カード」です。

緑色で、カエルのシルエットが入っています。英語で「Leap」は飛躍。だからカエルなのでしょうか?

「地球の歩き方」にも、こう書かれています。

数日以上滞在するならプリペイド式ICカード型乗車券のリープ・カードの購入がおすすめ。ダブリン都市圏のほとんどの交通機関で利用でき、しかも割引料金になるので長期滞在する人には利用価値が高い。

「地球の歩き方」より

ダブリンの街を歩くと、この緑色のカエルをよく見かけます。

こうした看板を掲げたコンビニやお店で、リープ・カードを買うことができます。

鉄道の駅や路面電車ルアスの主要な停車場には、こうした自動販売機があり、ここでも買うことができます。

私は、コノリー駅という鉄道の駅にあった自動販売機で購入しました。

カード購入のためのデポジット5ユーロを払い、希望の金額を選んでチャージしておきます。私は20ユーロをチャージしましたが、結局使い切れませんでした。

デポジットの5ユーロも含め、現地に銀行口座を持っている場合に限り返金が可能です。つまり、一般の観光客は余っても返金できないと考えた方がいいでしょう。

なので、いくらチャージするか、そもそもリープ・カードを買うかどうかも、その人の行動の仕方によると言えそうです。

路面電車ルアスに乗る

旅行者にとって最も利用しやすいのは、路面電車「ルアス」でしょう。

こちらが、ダブリン市内を走る「ルアス Luas」。アイルランド語で「スピード」を意味します。

2004年から営業を始め、徐々に路線を拡張してきていますが、それでも南北に走るグリーンラインと東西に走るレッドラインの2路線のみ。東京などと比べるとシンプルなものです。

グリーンラインとレッドラインが交差するようになったのは最近のことで、ウィキペディアなどの情報も古いので、2019年夏現在の路線図を掲載しておきます。

Hover over the map to zoom
出典:Luas https://www.luas.ie/map/

私が一番よく利用したのは、宿から歩いて5分ほどの停車場「St.Stephen’s Green」。2004年の開業時にはグリーンラインの始発駅でした。

比較的大きな停車場でチケットの販売機もあるので、ここでリープ・カードを買うことも追加のチャージをすることも可能です。

ダブリン滞在2日目、北アイルランドに行くため、朝7時前にここからルアスに乗り、コノリー駅に向かいました。

停車場にこんな改札機が立っているので、乗る前にタッチ、降りた後に再びタッチするとカードから料金が差し引かれます。

正確に言うと、乗る前にタッチすると正規料金が引かれ、降りた後に再びタッチすると割引が受けられる仕組みでした。

平日の朝7時と言えば、東京ではもう通勤ラッシュが始まっていますが、ダブリンではこんな感じ。

車内の座席は限られていますが、それでも支障がありません。人口が少ないことのメリットでしょう。

グリーンラインはリフィー川を越えて、観光客が集まるオコンネル通りへ。

「O’Connell – GPO」停車場で降りると、1分ほど歩いてレッドラインの「Abbey Street」停車場に移動します。

東京の地下鉄の迷路のような乗り換えに比べると、簡単な乗り換えです。

この「Abbey Street」は便利な停車場で、東にむかうルアスに乗れば、北アイルランド方面の列車が出発するコノリー駅、西に向かうルアスに乗れば、アイルランド西南部方面の列車が出発するヒューストン駅に行くことができます。

ただ帰路は注意が必要です。この「Abbey Street」で乗り換えて宿に近い「St.Stephen’s Green」停車場に戻ろうと思うと、グリーンラインの停車場は往路とは違う「Marlborough」停車場となります。道幅の影響なのか、この界隈ではなぜかグリーンラインは一方通行で別のルートを通っているからです。

停車場には到着するルアスの目的地と到着までの時間が表示されます。

ルアスの良さは、路線のわかりやすさと時間の正確性です。

レッドラインに乗り換えて「Busáras」停車場で降ります。

コノリー駅まで行くルアスもあるのですが本数が少なく、一つ手前の「Busáras」はすべてのルアスが通ります。ここで降りて歩いてもコノリー駅までは1−2分の近さです。

このルアス、車内で切符を買うことはできません。

事前に停車場の自動販売機で購入する必要があります。ただ日本のような改札があるわけではないので、無賃乗車は簡単にできます。

ただ、気をつけてください。

時々、STTという制服を着たいかつい2人組がルアスに乗り込んできます。

彼らは無賃乗車を防止するための検札官。いずれもラガーマンのような強そうな男たちです。乗り込むと、車内に厳しい視線を送ります。乗客たちの間に緊張感が走るのを感じます。

彼らが一人一人の切符を確かめることはありませんが、その威圧感が抑止力になるのでしょう。

リープ・カードを使わない場合、ルアスの1回券はゾーンごとに料金が決まっていて一番安いもので2.10ユーロ、1日券を買うと7.30ユーロとなります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です