<フィンランド>かもめ食堂・イッタラ・岩の教会!デイチケットを買って1日ヘルシンキをぶらぶら旅

🇫🇮フィンランド/ヘルシンキ 2019年8月3日

3泊4日でのヘルシンキ旅行。到着の翌日は、路面電車トラムに乗って、思いつくままに街をぶらぶらしてみました。

ヘルシンキではトラムのほか、バス、地下鉄、近郊電車、さらに市営フェリーという公共交通機関が全てHSL(ヘルシンキ地域圏交通政策局)の管轄下にあり、チケットが共通です。

もちろん1回ごとのシングルチケットもありますが、市内を歩き回る観光客にとっては断然「ヴォロカウシリップ」と呼ばれるデイチケットがお得です。

私たち夫婦も、2日券を購入してヘルシンキ市内を気ままに歩いてみました。

デイチケットを買う

ヘルシンキ2日目の朝、宿から歩いてヘルシンキ中央駅に行き、デイチケットを買うことにしました。

ヘルシンキ中央駅は、フィンランド鉄道(VR)が運営する鉄道の駅で、フィンランド各地に向かう長距離列車のほか、空港など近郊をつなぐ通勤列車のターミナル駅でもあります。

同時に、唯一の地下鉄やトラム9路線、多数のバスも中央駅周辺に乗り入れていて、あらゆる移動の拠点となっています。

デイチケットがどこで買えるか知らなかった私は、とりあえず中央駅前の階段を降り、地下鉄の駅に行ってみました。

案の定、水色の券売機がありました。

5つの公共交通機関のマークが描かれ、下には「HSL/HRT」の文字が・・・。

HSLもHRTもヘルシンキ地域圏交通政策局の略で、HSLはフィンランド語、HRTはスウェーデン語だそうです。実はフィンランドでは、フィンランド語だけでなくスウェーデン語も公用語なのだということを初めて知りました。

タッチパネルを操作する際、英語を選択するとわかりやすいです。

デイチケットは、1日券から7日券まで購入可能。私たちは2日券を選択します。

料金は移動できるゾーンで決まっています。

ヘルシンキ中心部がA、その周囲がB、空港があるエリアはCといった具合です。Aだけというデイチケットはないので、A+Bを選択します。

A+B+Cのチケットを持っていると、空港にも行けますが割高になります。空港に何度も行くのでなければ、A+Bの方がお得でしょう。

最後に枚数を選ぶと金額が表示されます。

A+Bエリアの2日券は12ユーロ(約1400円)。

現金でも払えますが、私はクレジットカードで支払いました。

こちらが、購入したデイチケット。

なかなかかわいらしいデザインです。

裏側にいろいろ文字が書き込まれていて、上から「AB」「Adult」「2 days」、一番下に購入した日時がプリントされていました。

トラムに乗ったら、車内に設置されているこんな機械にデイチケットをタッチ。

すると使用開始のデータが残り、その時から48時間、ABエリアのすべての交通機関に乗り降り自由となります。

タッチが必要なのは最初の1回だけで、その後は乗車時も降車時も何もする必要がありません。良心が痛まなければ、無賃乗車も簡単にできる大人のシステムがヨーロッパではすでに一般的なのです。

オールドマーケット

デイチケットが手に入ったので、まずは中央駅近くにあるトラムの停車場「Lasipalatsi」へ。

停車場には、路線番号、行き先、到着時間がリアルタイムで表示されるので、路線図を睨みながら行き先を検討することができます。

私たちはまず、2番のトラムに乗って、ヘルシンキの台所と呼ばれる「オールドマーケットホール」に行ってみることにしました。

もちろん妻のリクエストです。

ヘルシンキでは、新型のトラムがたくさん走る中、2番線はレトロな車体です。

でもこれはこれでノスタルジーがあっていいかもしれません。

繁華街を抜け、7−8分でオールドマーケットホールに到着しました。

1889年創業、築100年以上の煉瓦造りの歴史建造物です。

ただ、私たちが訪れたのが9時前だったので、オープンしているお店は数えるほどしかありませんでした。

それでもせっかくなので、マーケットの中をぶらぶらします。

さすが港町だけあって、魚介類も新鮮そうです。

北欧といえばサーモン。

美味しそうなサーモンがいろいろ並んでいます。でも、この後街をウロウロするため、ここでの購入は諦めます。

市場内のカフェは朝食を食べる人で賑わっていました。

北欧らしいオープンサンドも売られていました。

値段は7ユーロほど。1個800円以上というのはちょっと高い気がします。

そんなオールドマーケットで妻が足を止めたのがこちらのお店。

市内に多くの店を構える「ROBERT’S COFFEE」というチェーン店です。私は知りませんでしたが、「ロバーツコーヒージャパン」として日本にもフランチャイズ展開しているそうです。

ちなみに、これも知りませんでしたが、フィンランドは一人当たりのコーヒー消費量が世界のトップ3に入る世界屈指のコーヒー消費国で、1人1日6〜7杯のコーヒーを飲むのだそうです。

妻は、この店で売られていたムーミンのイラスト入りのドライベリーがお土産になるかもと思ったようです。

試しに買ってみましたが、味はイマイチ。採用にはなりませんでした。

私は、シナモンロールを買ってみました。

映画「かもめ食堂」で登場したフィンランドのコーヒーの友です。

値段は、1個2.90ユーロ(約340円)ほどでした。

オールドマーケットを出て、早速シナモンロールをいただきます。

まあ、予想通りの味です。

結構大きいので、少しずつちぎりながら妻と2人、トラムの中でムシャムシャ。おかげで指がベトベトになりました。

オールドマーケットホール(Vanha Kauppahalli)
住所:ETELÄRANTA · 00130 HELSINKI
営業時間:月~土8:00-18:00 日10:00-17:00
WEB:https://vanhakauppahalli.fi/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です