<フィンランド>駅近でモダン!ヘルシンキのオススメ宿「Apartment Hotel Aallonkoti」 

🇫🇮フィンランド/ヘルシンキ 2019年8月2日〜5日

北欧のフィンランドはイッタラやマリメッコなどデザインの国として知られる一方、ロシアの隣国ということもあって首都ヘルシンキは意外に無骨な街です。

そんなヘルシンキで今回私たち夫婦が予約した宿は、中央駅から徒歩5分。モダンな造りのキッチン付きアパートメントホテルでした。

「Apartment Hotel Aallonkoti」、正確な読み方は不明ですが、私が予約したBooking,comには「アパートメントホテル・アーランコティ」と日本名が書かれていました。

公園に面したベランダが広く、清潔で機能的。オススメの宿をご紹介します。

ヘルシンキ中央駅から徒歩5分

ヘルシンキ空港から市内へ向かう鉄道やバスが到着するのがヘルシンキ中央駅です。路面電車トラムや地下鉄も集中していて、観光客にとっては一番便利な場所と言えます。

中央駅の西口広場です。

「Apartment Hotel Aallonkoti」は、そんな中央駅の北西、再開発で美しく生まれ変わったエリアにあります。

上の写真の正面にある「ホリデイ・イン」の西側の通りをまっすぐ北へ向かいます。

中央駅からスーツケースをガラガラ押しながら宿を探します。慣れると5分で行けますが、道を探しながらなので最初は10分ほどかかりました。

似たような建物がいくつかありますが、外壁に「AALLONKOT」と書かれているので間違えることはないでしょう。

まだ真新しいモダンな建物の一角がアパートメントホテルとなっています。

1階に受付のオフィスがありますが、常時人がいるわけではないので注意が必要です。

到着時間を事前に連絡

予約後ホテルからメールが届くので到着時間を伝えておきます。すると1階のオフィスでスタッフが待っていてくれるので、チェックインもスムーズでした。

到着が夜間となる場合や到着が遅れる場合などは、事前にメールで相談してください。

オフィスに到着すると、宿泊費を前払いします。

私たちの場合、3泊で487.87ユーロ。日本円で5万7500円ほどでした。

1人1泊9600円ぐらいということになります。

宿泊代は前払いなので、チェックアウト時は鍵をオフィス脇のポストに投入するだけ。面倒なやりとりは必要ありません。

チェックインの手続きが終わると部屋に案内してくれました。

建物の入り口の鍵は、部屋の鍵と共用となっています。

建物に入ると、一対のソファーが置かれ・・・

その奥に、エレベーターがあるシンプルな作りです。

エレベーターを上がると、1フロア4部屋のゆったりした作りです。

重い木製のドアが北欧を感じさせます。

広くて明るい部屋

ドアを開けると、広々とした明るいリビングが待っていました。

大きなソファーがドーンと置かれていて、幅が広いので寝るにも十分な大きさです。

リビングの隣には、ベッドルームが1つ。落ち着いた色合いです。

ダブルベッドで一人分の掛け布団が2つ用意されていました。

お互いの睡眠を邪魔しないよう、私たちは一人がベッド、一人がリビングで寝ることにしました。

キッチンもスッキリ広々で、ダイニングテーブルも2人で食事するには十分です。

水周りもセンス良くまとめられていて、スペースも広々です。

バスタブがないこと、ウォシュレットがないことが難点ですが、気持ちよく使えるバスルームです。

特筆すべきは広いベランダ。

屋外用のソファーやテーブルが置かれ、開閉できるガラス扉を締め切ると完全なサンルームになります。この辺りの作りも北欧らしさを感じます。

目の前は綺麗に整備された公園で、すぐ近くには散歩に最適そうな“湖”も見えます。

実は湖ではなく、「トーロ湾」という入江だということを後で知りました。

公園の向こう側にある白い建物はオーケストラの演奏会などが開かれる「フィンランディア・ホール」、その南側には2011年に建設された「ヘルシンキ・ミュージック・センター」や「ヘルシンキ現代美術館」といった新しい文化施設が並びます。

文化好きな方には、最高の立地かもしれません。

設備も充実

生活するのに必要なものは、全て揃っています。

バスルームには、洗濯機が用意されています。

洗面台の引き出しには、アイロンまで。

キッチンには、電子レンジとオーブン・・・

冷蔵庫も余裕の大きさです。

食器洗い機もあります。

コーヒーメーカーもあって・・・

食器類も充実しています。

電気ポットや塩コショウ、砂糖、まな板やキッチンベーパーも・・・。

引き出しを開けると、スポーン、ナイフ、フォーク・・・

包丁やナイフ、私にはよくわからない様々な道具が並びます。

鍋やボール類もいろいろ揃っています。

もちろん、フライパンも・・・。

収納もたっぷりあって、掃除機もあります。

この宿の特徴は、滞在中の人の出入りが全くないこと。普通のホテルのように昼間に掃除の人が来ることもありません。

タオルやシーツの交換もないのですが、3泊程度なら全く問題なくむしろ部屋を散らかしたまま外出できるので、我が家では好評です。

その街で生活する、と考えれば、ホテルよりずっと快適です。

「Apartment Hotel Aallonkoti」
住所:Alvar Aallonkatu 3B, Helsinki  
電話: +358 20 735 0130
http://aallonkoti.fi/en/

部屋の空き状況や値段はこちらからチェック

Booking.com

エクスペディア

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です