<新潟>海で炸裂する打ち上げ花火!柏崎「海の大花火大会」がスゴイ

🇯🇵新潟/柏崎 2019年7月26日

新潟には「越後三大花火」という有名な花火大会があります。

「川の長岡」、「山の片貝」、そして「海の柏崎」です。

今年の夏、取引先のご招待で柏崎の花火大会を見る機会を得ました。

毎年7月24日、25日、26日に開かれる「ぎおん柏崎まつり」のハイライトとなるのが「海の大花火大会」です。

会場となるのは、柏崎駅の北西に広がる「みなとまち海浜公園」。

私たちが会場に着いたのは午後7時ごろでした。

驚きました。

砂浜の上に見渡す限りのテーブルが並び、スゴイ数の人たちが海岸を埋め尽くしています。

毎年20万人が押しかける人気の花火大会だということが、リアルに実感できる光景です。

私たちが案内されたのも砂浜の上に置かれたテーブル席でした。

ご招待なので私はお金を払っていません。

気になって後で値段を調べてみると、6人で2万4000円の席だとわかりました。高いとみるか、安いとみるか、微妙な値段です。

このほか、5人が座れるマス席が2万円、ペアシートが9000円、お一人様のベンチ席は5000円など様々な席が設けられ、三脚を立てられるカメラ席が一番高くて2人で1万3000円という価格設定でした。

午後7時半、花火の打ち上げが始まりました。

遮るものが何もない大きな海が舞台です。とにかく花火が近い!

「ドーン」という音が、腹に響きます。

柏崎大花火の良い点の一つは、会場が広いので打ち上げ場所がたくさんあることです。

左手から上がったと思えば、次は右手から花火が上がる。打ち上げ場所が次々に移動することで、花火の光が煙に隠れることがないのです。

そして・・・

「海の大花火」の真骨頂が始まりました。

海に向かって斜めに打ち出される花火。それが、海面に落ちて炸裂するのです。

「海中空スターマイン」と呼ばれます。

視野角一杯に花火が広がります。

こんな花火、見たことない。

まさに、圧巻です。

その後も、次々に迫力ある打ち上げ花火が続きます。

そして新潟の花火には付き物の「三尺玉」が打ち上げられます。

シンプルだが、見事な花火。

でもやはり、海に打ち込む「海中空スターマイン」が最高です。

これを見るためだけに、柏崎まで来る価値があります。

午後9時を過ぎると、いよいよフィナーレです。

会場一杯に広がる圧巻のスターマインは、その名も「柏崎市民一同」。

そして最後は、「怒涛の尺玉300連発」で締めます。

花火が終わったのは、午後9時15分ごろ。

心から花火を堪能した充実した時間でした。

普段は人通りの少ない柏崎の通りが帰宅する人の波で埋まります。でも、東京の花火大会に比べれば、人の流れはスムーズ。海風に吹かれながらの帰り道は、東京では味わうことができない気持ちの良さがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です