<中国>深圳ハイテク散歩④ アリババが仕掛ける新型スーパー「盒馬鮮生」

🇨🇳中国/深圳 2019年6月28日

1999年に杭州で創業したアリババは、時価総額で中国最大、世界でも7位の大企業に成長しました。

電子商取引の「淘宝網 (Taobao.com)」や電子決済サービスの「支付宝 (Alipay)」など幅広いビジネスを展開し、毎年11月11日に行われる「独身の日」のセールでは1日に5兆円以上を売り上げ、世界中を驚かせています。

アマゾンとアリババが世界のEC市場を支配している状況ですが、そのアリババが今、インターネットの世界からリアル市場に進出しようとしています。

その拠点となるのが、「盒馬鮮生(ファーマーションシェン)」という名のスーパーマーケット。

深圳のど真ん中にできた「盒馬鮮生」をのぞいてきました。

盒馬鮮生

アリババの新型スーパー「盒馬鮮生」があるのは、地下鉄1号線と4号線が交差する「会展中心駅」。

まずは地下鉄の駅の「C」出口から直結のショッピングモール「皇庭広場 Wongtee Plaza」に入ります。

ちょうどお昼時だったので、飲食店はどこも盛況でした。

オレンジのスライダーが目立つこんなフルーツパーラーもあります。

飲食店を抜けたところに下りのエスカレーターがあり、盒馬鮮生の看板が出ていました。

エスカレーターを降りると、すぐ目の前に盒馬鮮生の入り口がありました。

この店のキャラクターはカバ。「盒馬」の発音が中国語のカバと同じだからそうです。

「BETTER LIFE RIGHT HERE」

アリババが「より良い生活」を提案するという心意気が感じられます。

生け簀とフードコート

店の仕組みもわからないまま、とにかく店の中に入ってみます。

まず目についたのがフードコート。昼時なので、多くの人が食べていましたが、スーパーの中と考えるとちょっと不思議な光景です。

その先に進むと、驚きの光景が待っていました。

大きな生け簀にいる生きた海の幸を網ですくうお客さんたち。このまま買って帰ることも、その場で調理してもらって食べることも可能なのです。

大きなロブスターや・・・

カニも生きたまま売られています。

貝類も種類が豊富で、さすが食の大国中国です。

もちろん魚も泳いでいますし・・・

ザリガニもこの通り、山盛りの取り放題。

でも日本の奥様方に受けるかどうか、ちょっと微妙です。

自分で生け簀からすくった食材を調理してもらいます。海産物に限らず、店内で売られている全ての食材が調理の対象となり、店内で食べられるのです。

調理代金は15元(約250円)。

それが面倒なら、あらかじめ調理された料理も並んでいます。

もちろん海産物以外にも肉料理も麺類も屋台が並びます。

でもあえて海産物を中心に据えているのは、新鮮さをアピールする狙いがあるのでしょう。

動画で情報提供

オンラインショップの弱点とされていた生鮮食品が、アリババがリアル店舗に乗り出した一番の理由なのです。

さらに店の先に進むと、新鮮なフルーツが並びます。

スイカもカットしたもの、半分に切ったもの、丸のままとお好み次第です。

野菜も色とりどりでとても新鮮そうです。

逆にこれまでネットでも購入できたお菓子や日用品などはあまり置かれていない印象を受けました。とにかく、生鮮食品で勝負ということが伝わってくる店づくりです。

お客さんへの情報提供にも力を入れています。

店内のあちらこちらにモニターが置かれていて、商品の紹介や調理の仕方などを独自の情報番組の形で放送していました。

アプリを利用すると、生鮮品の産地から店舗に届くまでの全履歴が確認できるなど安全性にも配慮、アプリでも動画のレシピが見られ、必要な素材や調味料なども一括で購入できるといいます。

まさにネットとリアルの融合。

お客さんが求める情報を提供するという強いこだわりも、ネット通販で培われたノウハウが生かされているように感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です