<中国>深圳ハイテク散歩③ 世界シェア7割!ドローン界の巨人「DJI」の旗艦店

🇨🇳中国/深圳 2019年6月28日

空の産業革命をもたらしたドローンの世界トップ企業が中国の「DJI」。中国名は、「大疆创新科技」と言います。

2006年深圳で創業したDJIは、民生ドローン市場の7割を独占するガリバー企業です。

映像の世界ではもはやDJIのドローンを使った空撮は欠かせないものとなっていますし、建設業界や農業分野でも重要度はどんどん増しています。最近では軍事目的で安価な民生ドローンを利用する事例が注目されているそうです。

そのDJIが2015年に深圳にオープンした旗艦店に行ってきました。

DJI旗艦店

DJIの旗艦店へは、地下鉄9号線の「深圳湾公園駅」が最寄りとなります。

「E」出口を地上に上がると、すぐ目の前にDJI旗艦店の個性的な建物が目に飛び込んできます。

一帯は「欢乐海岸 OCT HARBOUR」と呼ばれる広大でまだ新しい商業施設です。

駅の前を走る大通りは「濱海大道」という大通りで、この通りをまっすぐ西に行くとテンセントの本社ビルがあります。

濱海大道の南側は海が広がっていて、人工的な砂浜が作られていました。

「オクト・ハーバー」は、広さがおよそ1.25平方キロ。2011年にオープンした施設で、ショッピングモールやホテル、様々な飲食店やIMAXシアター、水族館などがあるそうです。

とってつけたようなヤシの木に恐竜。

どう見ても私好みの施設ではないようです。

見る方向によって姿を変えるDJI旗艦店。

平日の午前10時ということで、人影はまばらでした。

店の前のスペースには、なぜかアメリカのキャンピングカーやイギリスの2階建てバスが置いてあります。

その意味はよくわかりません。

とりあえず、中に入ってみることにしました。

店内もガラガラでした。

私が訪れた時にはお客さんは一人もおらず、店員さんはみんな暇を持て余していました。かといって、私が店に入っても、特に声をかけてきたりドローンの実演を見せようとすることもありません。

正直、商売っ気が全くないという印象です。

旗艦店というだけあって、この店にはDJIの全ての商品が展示されているということでした。

例えばこちらの超小型ドローン「Spark」。

手のひらサイズなのに、最高時速は50キロ、15分間の飛行が可能で、高品質な映像を撮影することができる優れものです。

値段も5万4800円からというお手頃価格。

使い方をマスターして旅先に持っていきたいミニドローンです。

さらにお手軽なドローンがこちらの「Tello」。

重さわずか80g しかありません。自分でプログラムして自由に飛ばし、高性能カメラで自撮りだってできるドローンです。

教育用にプログラムの授業などにも活用が期待されるモデルです。

値段も1万1340円から購入できます。

そしてこちらが、今年6月発表されたばかりのDJI初の地上走行ロボット「RoboMaster S1」です。

プログラミングが学べる教育用ロボットとして売り出していますが、ドローンとの組み合わせで、対戦ゲームもすでに行われています。

値段は6万4800円。

eスポーツに代わるリアルなロボットゲームへの活用を狙っているようです。

いずれの製品も日本よりずっと先を行っていて、しかも圧倒的に安いのです。

AIとの組み合わせでますます自動制御が進み、この分野でDJIに追いつくことは容易ではありません。

旗艦店の一角にはカメラのコーナーがありました。

「HASSELBLAD」

ハッセルブラッドは、スウェーデンの老舗カメラメーカーですが、2017年にDJIが買収しました。

DJIは現在深圳に新本社ビルを建設中で、完成すれば新たな深圳のランドマークになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です