<中国>深圳の駅近ホテル「グランドメルキュール」&「ホアシャオプラザ」

🇨🇳中国/深圳 2018年12月&2019年6月

東から西へ・・・急成長する深圳の街は、どんどん巨大化しています。

どこに宿を取るのか迷いますが、地下鉄網が急速に整備されている深圳では駅に近いホテルがオススメです。

私が深圳で宿泊した2つのホテルはいずれも駅近でした。移動には便利だったので、ご参考までにご紹介します。

グランドメルキュール

今年6月の出張の際に宿泊したのは、地下鉄1号線「竹子林駅」でした。

©️ 旅したい.com

「B2」出口を出るとすぐ目の前にホテルが見えます。

©️ 旅したい.com

ただ、駅からすぐのところに入り口が見つかりません。

ホテルの前を右に行ったり左に行ったり、迷ってしまいました。

©️ 旅したい.com

結局ホテルの前を通り過ぎた正面左手に入り口がありました。

©️ 旅したい.com

「グランドメルキュールオリエンタル銀座深圳」

フランス系なので「グランメルキュール」と呼ぶのが正しいと思いますが、ホテルサイトはどこも「グランドメルキュール」と表記しています。

©️ 旅したい.com

英語では「Grand Mercure Oriental Ginza Shenzhen」、中国名は「深圳東方銀座美爵酒店」です。

世界3位のホテルチェーン「アコーホテルズ」が運営する5つ星ホテル。

アコーホテルズは、ソフィテル、ノボテル、メルキュール、イビスなどヨーロッパの有名ホテルチェーンを中心に、フェアモント、ラッフルズ、スイスホテルといった世界に名だたる高級ホテルも傘下に収めました。

©️ 旅したい.com

廊下は照明を抑えた重厚な印象です。

©️ 旅したい.com

部屋もオーソドックスで落ち着いた作り。

ベッドも大きいので寝心地はとてもいいです。

©️ 旅したい.com

家具も重厚で落ち着いたイメージです。

©️ 旅したい.com

カーテンを開けると、深圳の中央部福田区の団地が眼下に広がっていました。

©️ 旅したい.com

バスルームにはバスタブがありますが、中国の多くのホテル同様、トイレにウォシュレットはありませんでした。

©️ 旅したい.com

洗面所はタイルがアクセントになっていて、大きな鏡とボウルの洗面台とおしゃれな作りになっていました。

©️ 旅したい.com

朝食は1階のレストラン、ビュッフェスタイルです。

©️ 旅したい.com

麺類もあれば・・・

©️ 旅したい.com

饅頭や点心類もありました。

©️ 旅したい.com

フルーツや・・・

©️ 旅したい.com

サラダも適度にあって、欲しいものは揃っていました。

©️ 旅したい.com

ダイニングスペースは広くて明るく、気持ちよく朝ごはんを食べることができました。

©️ 旅したい.com

これが私の初日の朝食。

©️ 旅したい.com

そしてこちらが2日目の朝食です。

©️ 旅したい.com

チェックアウトが12時なので、最終日荷物を置いて街歩きができたのも便利でした。

この充実ぶりで1泊1万円しないのは、悪くないと思います。

「グランドメルキュールオリエンタル銀座深圳」
チェックイン:14時
チェックアウト:12時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です