<香港>歩き疲れた時にオススメ!「古法足道」のフットマッサージ50分

🇭🇰香港 2019年6月28日

坂の街・香港を歩き回ると、足がパンパンに張って痛みも感じるようになります。

そんな時に、私が駆け込んだのが中環エリアにあるサロン「古法足道」でした。

私が体験したフットマッサージ50分のメニューをご紹介します。

17階にある人気サロン

旅に出るとついつい歩きすぎて、いつも足が痛くなります。

図書館で借りた「地球の歩き方」にマッサージ店がいくつか載っていたので、ひとつ試してみることにしました。

深センから香港駅に到着して、そのまままっすぐお目当のサロンに向かいます。

©️ 旅したい.com

香港駅からメトロの中環駅前の畢打街(Pedder Street)へ。

さらに、皇后大道中(Queens Road Central)の交差点を渡って、雲咸街(Wyndam Street)という名前の坂道を登ると、右手に「Linz」と書かれたビルがあります。

©️ 旅したい.com

よく見ると道沿いに、「足」と書かれた看板が出ています。

©️ 旅したい.com

この「荊威廣場(Silver Fortune Plaza)」というビルの17階が目指すお店です。

入り口入ってすぐのエレベーターで17階に上がりましょう。

©️ 旅したい.com

エレベーターが開くと、そこはもう店内。

目の前に受付のカウンターがありました。

©️ 旅したい.com

「古法足道」。

これが、サロンの名前です。この名前に惹かれて私はこのサロンを選びました。

「GAO’S FOOT MASSAGE CO.」という英語名も添えられていますが、このサロンは中環エリアで働く欧米のビジネスマンを主要な顧客とする人気サロンなのだといいます。

©️ 旅したい.com

だから、値段が安いというサロンではありません。

私が受けた「フットマッサージ 50分コース」は238香港ドル(約3293円)でした。140ドルの30分コースもありましたが、お店の人は絶対に50分コースがいいと勧めます。

©️ 旅したい.com

このお店は、17階の1フロアをまるまる使う大きなサロンです。

「地球の歩き方」には予約が必要と書いてありましたが、私が訪れた時はそれほど混んでおらずすぐにサービスを受けることができました。

どうやらお昼休みの12〜14時ごろは混み合うようです。

©️ 旅したい.com

確かに、欧米人のお客さんが多いようです。

大きなサロンに大きめの安楽椅子が並び、男女一緒にフットマッサージを受けます。奥には個室があり、全身マッサージのお客さんはそちらに入るようです。

私はリュックを持っていましたが、椅子の脇に置いたままマッサージを受けることができ荷物の心配もありません。

©️ 旅したい.com

欧米のお客さんたちは皆さん、マッサージを受ける間、ずっとスマホやパソコンを操作しています。

やはりビジネスマンが多いのかもしれません。

50分コース

私の担当は、ちょっといかつい中国人の男性でした。

©️ 旅したい.com

私を安楽椅子のひとつに案内すると、泡立った桶を運んできました。

足をつけようとすると、違うと言って、足をのせる補助椅子の方に座って桶に足を入れろと指示をします。

©️ 旅したい.com

意味がわからないまま、補助椅子に座ると、すぐに理由がわかりました。

男性の力強い手が、私の肩を鷲掴みにしたのです。

「お〜〜〜気持ちいい!!!」

リュックを背負って歩き回っていたので、すごく肩が凝っていました。

男性はかなり乱暴に私の肩のコリを揉みほぐします。

手だけでなく、時には肘を使って、ゴリゴリと揉んでくれます。

フットマッサージだけだと想像していたので、このサービスはうれしかったです。これなら全身マッサージを頼まなくても十分かもしれません。

©️ 旅したい.com

5分か10分ほど肩を揉んでもらった後、桶から足を出し、安楽椅子に座りなおします。

そこで、登場したのが、これ。

温かい肩当てです。

©️ 旅したい.com

これを肩に乗せると、適度の重みと温かさが疲れた体に染み込んでくるようです。

これも、めちゃめちゃ気持ちいい。

©️ 旅したい.com

そして、出された温かい中国茶を飲んでいると、男性は私の足を補助椅子に乗せて揉み始めました。

©️ 旅したい.com

足裏をかなり強く押すので、時々激しい痛みが走ります。

それでも、耐えられないほどの痛みではなく、「痛気持ちいい」という感覚でしょうか・・・。

©️ 旅したい.com

足首やふくらはぎも揉んでくれます。

先程までの痛みが和らいでいくのがわかります。

ここに来てよかった、と心から救われた思いでした。

©️ 旅したい.com

25分ほど足のマッサージをして、一旦休憩です。

タオルを足に乗せ、少し休めます。

©️ 旅したい.com

そして、熱めのタオルが足に載せられます。

これまた、気持ちいい。血の流れが戻ってくるのがわかります。

©️ 旅したい.com

膝まで熱いタオルで巻き、今度は足を内側に倒したり、外側に倒したり、柔軟体操のように動かします。

これで、50分コースは終了です。

マッサージが終わった後も、しばらく安楽椅子でダラダラして時間を過ごします。気分はすっかりリラックスです。

他のお客さんもそうしているし、店の人から急かされることもありません。

足も肩もすっかり楽になって3000円ちょっと。

私はお値打ちだと思いました。

「古法足道」
住所:中環威靈頓街1號荊威廣場17F
営業時間:10:00-24:00
定休日:年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です