<香港>オーバーブッキング!帰国が遅れた代償は、ホテルと1000香港ドル

🇭🇰香港 2019年6月26〜29日

仕事で深センと香港に出張したのですが、帰国便でトラブルです。

利用したのは旅行サイト「エアトリ」で予約した日本航空の香港〜羽田便。でも実際にはキャセイドラゴン航空とのコードシェア便でした。

結論から言えば、オーバーブッキングで予約した便に乗れず、翌朝のキャセイ便に振り返られたのですが、その顛末についてまとめました。

急いでいなければ、振替に応じるのも旅の面白さかなと思えた体験談です。

キャセイドラゴン航空

会社の出張なので、なるべくトラブルを回避する目的で日本航空便を予約しました。エコノミークラス往復で、6万1500円でした。

ただ実際に飛行機の運航に当たっていたのは「キャセイドラゴン航空」。初めて利用する航空会社です。

©️ 旅したい.com

キャセイドラゴン航空は、香港を拠点とする航空会社で、1985年に「香港ドラゴン航空」として設立されました。

2006年には、キャセイパシフィック航空の100%子会社となり、キャセイグループの一員として中国やアジアの各地を結んでいます。

私が利用した羽田線は、2015年に新規開設し、日本航空との共同運行という位置付けになっているようです。

©️ 旅したい.com

ただ、親会社のキャセイと比べるとセカンドブランド感が強く、機体はちょっと古いエアバスA320。

国際線には通常用意されている座席のモニターもありません。

©️ 旅したい.com

その代わりに、wi-fiや機内エンターテイメントシステムが用意されていて、パソコンやスマホで楽しむことができると書いてあります。

私もスマホで試してみたのですが、wi-fiもまったく繋がらず断念しました。

©️ 旅したい.com

それでも超格安のLCCほどのけちけちでもなく、機内食もちゃんと提供されました。

私はヌードルを選びましたが、2種類から選ぶことができます。

早朝の便なので比較的空いていて、三人席にゴロンと寝っ転がってくつろぐお客さんも多く、私も真似をして横になって過ごせたので、機内は楽でした。

©️ 旅したい.com

肝心のフライトも至って順調で、羽田をほぼ定刻の6時35に出発し、現地時間9時30分に到着しました。香港と日本の時差は1時間ですから、飛行時間は4時間弱です。

初めてのキャセイドラゴン便は、素晴らしくもない代わりに、特段問題もありませんでした。

しかし、問題は帰国便で待っていたのです。

オーバーブッキング

深センで2泊して、帰国便に乗るために香港国際空港に着いたのは、28日午後9時20分ごろでした。

©️ 旅したい.com

予約便は午後11時55分発で、2時間半以上前に空港に到着したことになります。

キャセイドラゴン航空のカウンターはまだガラガラで、パスポートを提示してチェックインの手続きをしようとした時です。

「ご予約の便が満席で、別の便への振替をお願いできないでしょうか?」

カウンターで対応する若い男性職員がちょっと困った顔をして、英語でそんなことを言うのです。

「私はちゃんと予約した。オーバーブッキングなのか?」とたずねると、男性職員は素直に認め、翌朝8時45分に羽田便があると提案してきました。

オーバーブッキングは珍しいことではありませんが、一般的には早い者順であり、出発の2時間半前に空港に来て乗れないというのは稀です。

私は翌日特に予定がありませんでしたが、「私は急いでいる。どうして私なのだ?」と抗議しました。すると、男性職員は「乗れないのはあなただけではない」と言うのです。

事実、私の隣のカウンターでも別の男性客がもめていました。

Meal Voucher

©️ 旅したい.com

男性職員は別の女性職員たちと相談した末、「Meal Voucher」と印刷された食券を私に渡しました。

金額は、75香港ドル(約1035円)。

これを使って時間を潰して、夜10時にまたカウンターに戻って来てくれと言うのです。様子を見ながら対応を検討するということのようです。

©️ 旅したい.com

仕方がないので、空港内のエスニック料理店に入り、食券でビールとレモンティーを注文しました。

料金は合わせて73香港ドル。食券の範囲内ですが、おつりはくれません。

その店で20分ほど時間を潰して再びカウンターに戻りましたが、事態は一向に好転していませんでした。

男性職員は、翌朝の便への振替に応じてくれればホテルを用意すると言い、少しでも早く帰国したいなら1時間遅い全日空の深夜便もあるので、問い合わせることは可能だと言うのです。

何れにせよ予約便に搭乗できる目処は立たず、再び75ドル分の食券を渡され、11時に再びカウンターに来るように言われました。

お腹はいっぱいだし、もう飲み物もいらないんだけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です