<フィリピン>マラカニアン宮殿になだれ込む群衆!私は初めて革命を目撃した

🇵🇭フィリピン/マニラ&ダバオ 1986年2月

1986年2月7日。フィリピンで大統領選挙が行われました。

バンコク支局に赴任したばかりの私は、日本から到着した妻と幼い息子2人を迎えてすぐにフィリピンへ選挙の取材に出たのです。

これが長い旅の始まりでした。

マルコス vs アキノ

512135064.056492

1月29、ミンダナオ島ダバオ市で開かれたマルコス大統領の大規模集会を取材しました。

1965年の就任以来20年以上政権を握っていたフェルディナンド・マルコス大統領は、国際的には「独裁者」のイメージが強いですが、国内では地方の開発を推し進めたため、地方に住む貧しい人たちには高い人気を誇っていました。

Embed from Getty Images

この選挙でフィリピンの人たちは、自分がどの候補を応援しているのか、指のサインで示しました。

マルコス支持派は、Vサインを使いました。

対立候補のコラソン・アキノ女史を支持するグループは、親指と人差し指を立てるL字サインで対抗します。

Embed from Getty Images

アキノ女史は、1983年に亡命先から帰国しマニラ空港で暗殺されたベニグノ・アキノ上院議長の奥さんでした。

アキノ氏の支持層は都市部の比較的裕福な人たちでした。本来であれば地方の貧困層の方が数で圧倒的に勝るため、マルコス大統領は勝利を確信していたはずです。しかし、思いもかけぬ未亡人の立候補で選挙戦は異常な盛り上がりを見せました。

黄色をシンボルカラーとしたアキノ陣営は、マニラを中心に国民の人気を集め、「ピープルパワー」という言葉が大流行しました。

欧米のメディアも、独裁者マルコスに立ち向かう民主派の未亡人アキノという善悪の構図でこの大統領選を伝えました。イメルダ夫人の半端ない無駄遣いぶりもメディアで大々的に報道され、国際世論は反マルコスに一気に傾きます。

TBSが撮影したアキノ暗殺の現場映像は、マルコス政権の悪道ぶりを示す証拠として国際世論に大きな影響を及ぼしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です