<予約>お盆のヨーロッパ周遊航空券が13万円代!eDreamsの使い方

🇨🇿チェコ&🇵🇱ポーランド&🇦🇪アブダビ 

2017年8月 10泊11日

名前も知らない海外のネット予約サイトを使う時は注意が必要です。

私はスペインの予約サイト「eDreams」で格安の周遊航空券を予約したのですが、問い合わせしたくても電話もネットも一切つながらず、一時焦りました。結果的には、お盆シーズンのヨーロッパを13万円代で周遊できたのでお得だったのですが、その時の経験をまとめてみました。

困っている方の少しでも参考になればと思います。

スカイスキャナー

2017年の夏。

私は、まだ行ったことのないチェコとポーランドを旅しようと計画していました。

出発まで1ヶ月となった7月のことです。

夏休みの旅行が迫ってきたので、私は予約内容を確認することにしました。予約をしたのはその年の2月だったので、記憶が曖昧になっていたからです。

今回は、航空券を「eDreams」というこれまで使ったことのないサイトで予約していました。圧倒的に料金が安かったからです。

今回の旅程は、東京〜プラハ〜クラクフ〜アブダビ〜東京という周遊コースで13万円代、いずれの区間も片道チケットです。こういう買い方だと、日本の旅行サイトでは通常とても割高になります。

予約する際、Yahoo! Japanで検索すると「スカイスキャナー」という比較サイトが上位に出てきます。

このサイトを運営する会社はイギリスのエジンバラに本社を置いていて、世界各国の航空券販売サイトを比較し、購入可能な航空券とその料金が安い方から順に表示してくれます。

少しでも安く旅行したい旅行者にとって、とても便利なサイトで、私も近頃よく利用していました。

調べてみると、スカイスキャナーは2015年に「Yohoo! Japan」と合弁会社を設立したため、ヤフーで検索すると優先的に表示されるということのようです。

もともとヨーロッパの会社なので、ヨーロッパの旅行には便利です。プラハ〜クラクフといった直行便のないマイナーな路線も、様々なルートで料金比較してくれます。

ただし、「スカイスキャナー」はただ料金比較するだけで、自ら航空券を販売しているわけではありません。安い料金で販売している予約サイトに転送し、クリック課金により利益を得るビジネスモデルなのです。

eDreams

その「スカイスキャナー」で一番安い料金だったのが、「eDreams」という予約サイトでした。スペインのバルセロナを本拠地とするオンライン旅行予約サイトです。

サイト上の「弊社について」にはこう書かれています。

『スペインでも、またヨーロッパでも有数の電子商取引の旅行会社として、弊社は、高機能の検索エンジンと予約テクノロジーを使って、610 社を超える航空会社の 6 万以上のフライトルート、および世界各地の 4 万もの目的地にある 25 万軒を超えるホテル、さらに休暇パッケージ やレンタカーをお客様に提供しています。

私たちの目標は、フライト、ホテル、そしてカスタマイズされた休暇パッケージの最も幅広い選択肢を用意し、それを最も競争力のある価格で提供することです。』

現在43カ国でサービスを提供しているという。「ベストフライトブッキングウェブサイト」という賞を2年連続で受賞していると誇らしげに書かれてもいます。

今まで使ったこともないし、そもそも今まで知らなかった予約サイト。どうしようかと迷った末、値段に惹かれて予約してしまいました。

予約した段階で、料金は全額クレジットカードで決済されます。

それからあまり時間をおかず、予約確定のメールが来たのでとりあえず安心していたのですが、改めてよく見てみると送られて来た予約番号を使って各エアラインのサイトから手続きをするように書いてあります。

初めて使うサービスなので不安になり、サイトに書かれている問い合わせ電話番号にかけてみました。

つながりません。

何度も、何十回も繰り返しリダイアルするのにつながらないのです。

これはヤバい。

ネットで「eDreams」について検索してみて愕然としました。

「料金だけ取られてチケットが届かない」とか、「片道で予約したのに往復になっていた」とか、最悪の評価が山のように書かれていたのです。予約の段階で調べていたら、このサイトで予約しなかったでしょう。

アエロフロート

これはヤバい。

慌ててまずロシアの航空会社アエロフロートの日本支社に電話します。成田からモスクワ経由プラハ行きの予約はアエロフロートの便だったからです。

eDreamsから届いた予約番号を告げると、「その番号はアエロフロートの予約番号ではない」と言われ、予約が入っているかどうか調べてくれません。

これはヤバい。

改めてeDreamsに電話しますが、相変わらず全然つながりません。

仕方なく、アエロフロートにまた電話して事情を話して泣きつきます。予約番号だけでなく、メールに書かれている意味不明のナンバーや予約便の詳細、私の個人情報などを伝えると、ありがたいことに調べてくれました。

「確認できました。ちゃんと入金もあり、予約されています」と告げられた。

そして、アエロフロートの正式な予約番号を教えてもらい、その番号を使ってアエロフロートのサイトから予約確認も行いました。

「確かに予約が入っている!」

その時の喜び。すぐに情報をプリントアウトし、これで一安心です。

エティハド航空

続いて、エティハド航空の日本支社に電話しました。

こちらはアラブ首長国連邦のアブダビをベースとする航空会社です。クラクフ〜ベルリン〜アブダビ〜東京という3つの便を予約しています。2箇所経由の帰国便ですが、アブダビでは乗り換え時間が20時間ほどあるため、トランジットで街に出てみたいと思っていました。

eDreamsでの事情を伝え、アエロフロートの神対応を伝え、エティハド航空にも神対応をお願いします。アエロフロートのオペレーターよりも少し親切度は劣りますが、なんとか予約は確認してくれました。

こちらもエティハドの予約番号を教えてもらい、エティハドのサイトで予約を確認した。これで、二安心です。

Eurowings

ただ、プラハ〜デュッセルドルフ〜クラクフ間の便は、日本には支社を持っていない「Eurowings」というドイツのLCCなのでどうしようもありません。

プラハに着いてから確認すればいいだろう。最悪、この予約が成立していなくても、欧州内のローカル便なので運賃も安い。飛行機がダメなら、バスや鉄道で移動も可能な距離です。

「まあ、何とかなるだろう」と、現地での対応に賭けることにしました。

ネット上ではとても評判の悪いeDreamsですが、とりあえずアエロフロートとエティハドにはちゃんとお金が払われていたことがわかりました。まだ100%安心はできませんが、結果的に飛行機に乗れさえすれば安くチケットを買えたことにはなるわけです。

でも、旅慣れていない人は、使わない方が良いでしょう。

ちょっと肝を冷やした経験でした。

結果オーライ

チェコとポーランド11日間の夫婦旅行。トランジットでアブダビも体験し、無事に帰ってくることができました。もろにお盆シーズンなので、通常のツアーだったらかなりの金額になることは確実です。

結果的に、私たちが支払った航空運賃は、2人で27万7552円。1人あたり13万8776円でした。

往復ではなく周遊ルート、しかもお盆シーズンの料金としてはかなり安く済んだと思っています。

出発前には散々心配しましたが、結果的にはすべての予約は正式に入っており、航空会社にもお金は入金されていました。そして予約した飛行機に問題なくチェックインすることができたのです。

ただ繰り返しますが、旅慣れない人はやはり使わない方がいいと思います。

ネットで予約して、メールが届くだけ。そのメールをプリントアウトしてカウンターに持っていけばいいのか、何か追加の手続きが必要なのかよくわからない。

そして何より、問い合わせをしたい、キャンセルしたいと思っても電話がまったくつながらないというのは不安に拍車をかけます。おまけにネットでの評判も散々で、余計に不安になるのは当たり前です。

ただ、そうしたデメリットを自力で乗り越えて無事に旅行を終えることができれば、結果オーライ。安く旅行ができるということです。

ハイリスク・ハイリターンの格安サービスを利用するかどうかは、各自の責任で判断するしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です