<カナダ>多文化国家を実感!バンクーバーの夕日と虹色の横断歩道

🇨🇦カナダ/バンクーバー 2016年8月 3泊4日

「世界一住みたい街」バンクーバーは多民族都市であり、ダイバーシティの街であり、美食の街です。自国第一主義が拡散する世界の中で、「多文化主義」国家カナダのことを日本人ももっと知る必要があるとおもいます。

一人一人が自分を大切にして生きられる街とはどんな所なのか、そんな視点を持ちながらバンクーバーのビーチでのんびり過ごした日々をまとめました。

イングリッシュベイ・ビーチ

私たちの宿があるバーナビー通りから、垂直に走る坂道を3ブロック下りていくとイングリッシュベイ・ビーチに着きます。

img_0696

趣のあるバラード橋を望む広い砂浜と気持ちのよい緑地が広がります。
ビーチ沿いには遊歩道とサイクリングロードが整備され、大きく育った樹木が気持ちの良い木陰を市民に提供しています。

img_0695

夕方になっても快晴で、日差しはたっぷりありますが、湿度は低く、爽やかな海風が木陰を吹き抜けていきます。

img_0702

そして緑の土手の背後には、大きな窓と開放的なベランダを持つ素敵な高層マンションがいくつもそびえ立っていました。

この部屋から見える夕日は、さぞ格別なのでしょう。

img_0698

ビーチには、特徴的な仕掛けがありました。

5メートルほどにカットされた丸太が、海に向かって等間隔に置かれているのです。

カップルや家族連れが、その丸太を背にして、思いおもいに夕日が沈むのをゆっくりと待つのです。

img_0710

入江には大小様々なクルーザーが行き交います。

どこを見ても美しくて、このビーチにいるだけで心も身体も健康になれそうなそんな場所です。

ビーチの夕暮れ

コンドミニアムで夕食を済ませた後、沈む夕日を見に再びビーチまでお散歩しました。
時間は午後8時半ごろだったと思います。

img_0830

ビーチに着くと、まさに太陽が海に落ちようとするタイミングでした。

素早く三脚をセットして、西の海にカメラを向けます。
オレンジ色に染まった海に、いくつものボートがシルエットとなって漂っています。

img_0832

多くの人が芝生に腰を下ろして、西の空をぼんやりと眺めます。
まさに、黄昏時、穏やかな時間です。

img_0829

山の影に日が沈む瞬間を、今度は動画で撮ってみました。
ボートより一回り大きな遊覧船が、ゆっくりと画面を横切っていきます。

【動画】バンクーバーの夕日(下のURLをクリックしてください)

本当にのどかな夕暮れです。
私たちも芝生に腰を下ろして、ゆっくりとした時間の経過を味わいます。

日が沈み、徐々に周囲が暗くなってきました。

ここからが私の好きな時間。

空が、群青色に変わっていくのを待ちます。

午後9時をだいぶ回ったでしょうか。

img_0843

ようやく空が群青色に染まってきました。

ビーチにはまだ多くの人が寝転がっていて、思い思いに一日の終わりを楽しんでいました。

こんな穏やかな時間、東京ではなかなか味わえません。

レインボー色の横断歩道

そんなイングリッシュベイ・ビーチを朝散歩した日のことです。

空気はひんやりしていて肌寒いほどでした。

上半身裸でムキムキの男性2人が犬を連れてジョギングをしていました。
「ゲイっぽいな」
バンクーバーに来てから、そんな印象を抱く人たちをたくさん見かけていて、ちょっと気になっていました。

ネットで調べると、すぐにわかりました。
どうやら私たちが宿泊しているデービーストリート界隈は、バンクーバーの中でも同性愛の人たちが多く集まるゲイエリアとして有名なようです。

そういえば、ホテルからすぐ近くのデービー通りの交差点は、横断歩道がレインボーカラーに塗られていました。

img_0989

それまでスーパーの買い物でいつも渡っていた横断歩道。

「あの虹は、そういう意味なのか」

ようやく理解できました。

虹色は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)のシンボルカラー。 近くにはゲイが集まる有名なナイトクラブもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です