<カナダ>グランビル・アイランド&イエールタウンを名物の小型フェリーで巡る

🇨🇦カナダ/バンクーバー 2016年8月 3泊4日

バンクーバーは、入江に沿って発展した街、そして今も発展を続けている街です。

荒廃したエリアをオシャレに蘇らせる再開発プロジェクトが進行中。ボートに乗って変わりゆく街を見に行きましょう。

グランビル・アイランド

私はまず、バンクーバーの中でも観光客に人気の高い「グランビル・アイランド」に行ってみることにしました。

img_0791

小さな可愛い渡し船が、グランビル橋のたもとにあるグランビル・アイランドまで連れて行ってくれます。

運賃は、往復で5.5ドル。
渡し船を操る「船長さん」に、直接現金で支払います。

img_0792

この小型フェリー。
タクシーのようにたくさん走っていて、船長さんも、若者だったり女性だったり、老人だったりと、実に個性豊かです。

グランビル・アイランドからの帰り、私たちを運んでくれたのはこんな女性船長さんでした。
格好いいですよね。

img_0821

グランビル・アイランドは、さびれていた工場跡地を再開発したバンクーバー再生の一大プロジェクトでした。

小型フェリーからは、対岸に建つ高層マンション群や大型のクルーザーなど、リッチでオシャレなバンクーバーの景観を目にすることができます。

img_0799

「島」に着くと、まず腹ごしらえ。船着場の近くのレストラン「BRIDGES」に入りました。

カナダに来て初めての、まともな外食です。

img_0801

海を望むオープンテラスに、たくさんのパラソルが並び、多国籍のお客たちで満席、とてもおしゃれなレストランです。
みんな思い思いに食べて飲んで語り合います。

img_0804

バンクーバーの人たちはみんな、よくしゃべる印象があります。

あくせくせず、おおらかで、人との関係をとても大切にする。
知らない人とも分け隔てなく気軽に話す、そんな風に見えます。
バンクーバーは留学先として人気がありますが、確かに語学を学ぶ環境としては最高かもしれません。

ここの店で働くスタッフは、なぜか男も女もみんなメチャメチャかっこいい。

おそらくルックスで採用しているのでしょう。

私が注文したニューヨークステーキ。とても柔らかくて、もちろん美味い。
肉の質の高さは、毎日のステーキ生活で実証済みです。

img_0807

付け合わせのポテトフライも文句なしの旨さですが、残念ながらステーキソースがあまり美味しくなく、塩でいただきました。

妻が注文したサーモンのグリルは見た目からしてあまり美味しそうには見えませんでした。

img_0808

コーヒーも頼んで、2人で80ドル、6500円ほどとそれなりの値段です。

毎日自炊をしていたのであまり意識しませんでしたが、外食をするとまあこんな感じなんでしょう。

img_0812

この「島」の一番人気は、「パブリックマーケット」という建物。

新鮮な野菜や鮮魚、パン、お菓子、オリーブオイル、さらにはワインから石鹸まで、丹念に作られた食べ物や日用品が売られている市場です。

img_0816

どれも質は高そうです。

img_0819

美味しそうなパン屋さんがあったので、ホットドッグ用のパンとゴマのパンを晩ごはん用に1つずつ買いました。

img_0817

バンクーバーはさすがに美食の街。
大量にまとめ買いするのでなく、その都度うまそうなものを食べる量だけ買えばよさそうです。

img_0818

派手なお菓子も目を引きました。
ちょっと中高年には手が出ない彩りですね。

img_0820

上の写真は、オリーブオイルのお店。

実に多種多様なオリーブオイルが並んでいます。
とてもおしゃれで、ちょっと買いたくなりますね。

img_0815

グランビル・アイランドに残るセメント工場の建物です。
アートの発信地らしく、工場の巨大サイロが2年前、ブラジル人アーティストの手によってアート作品に生まれ変わったのです。
この作品、「ジャイアンツ」と名付けられました。

アート仕立てにして工場の建物をあえて残す、なかなか面白い発想です。

こうしたバンクーバーの再開発が、世界的に注目されていることを、後で知りました。

img_0814

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です