<カナダ>カルガリー空港からバンフへ!レンタカー・ドライブの際の注意点

🇨🇦カナダ/カルガリー→バンフ 2016年8月

カナダのカルガリー空港でレンタカーを借り、カナディアンロッキーの玄関口バンフまでドライブした際の、道順などをまとめました。

カルガリー到着

img_2209

窓から見えるカルガリーは、とても人工的でした。

広大な平原の中に突如として現れた計画都市。
中央に高層ビル群がそびえ、それを取り囲むように区画整理されたニュータウンが延々と広がる、そんな印象です。

カナダは、世界第二の広大な国土を持つどでかい国。
そしてようやく来年、建国150年を迎えるまだ若い国です。

カナダのような大きな国を実感するには、時差が役立ちます。

一番東にあるニューファンドランド島は日本との時差10時間30分。
一番西のバンクーバーが時差16時間です。
同じ国の中で5時間30分もの時差があるのです。
5時間半の時差というと日本と中東のイラン。

カナダという国は、本当にびっくりする広さです。

img_2213

eTAを義務づけられるようになり、入国審査もさぞ厳しいだろうと覚悟していたのですが、拍子抜けでした。
審査官にパスポートを見せただけで何も問われることはありませんでした。
eTAのことも、何も聞かれません。
逆に、eTA申請の際、必要事項を入力しているからなのでしょう、これまでのように機内で入国カードをもらって書くという手間がなくなりました。
税関では夫婦で1枚、申告書を提出しましたが、荷物を調べられることもなくすんなりとカナダ入国です。

空港でレンタカーを借りる

キャッシングマシンでカナダドルを100ドルだけ引き出して、レンタカーショップを探します。

空港内の標示に従って進むと、空港ビルを出て道を渡ったところに、レンタカー各社のカウンターが並んだ建物がありました。

私が予約したのは「Alamo」という会社です。
持参した予約バウチャーを提示すると、受付の女性が手際よく手続きをしてくれます。
クレジットカードと国際免許証、さらに日本の運転免許証も求められます。

万一の時の支払いを免責にする保険への加入を勧められました。
1日10ドルかかりますが、海外ではトラブルはできるだけ避けたいので入ることにしました。

返却時の満タン返しを省略できるオプションも勧められましたが、ガソリンは自分で入れて返すつもりだったので、これは断りました。
後日談ですが、目論みははずれ、給油できないまま車を返却することになったため、結果的には、勧められたオプションに入っていた方が安かったようです。

車は左ハンドル、まずは慎重に

異国での久しぶりの運転、最初はいつも緊張します。

カナダの車は、日本とは逆、左ハンドルで右側車線を走ります。
ただ、スピードメーターはアメリカのようなマイル表示ではなく、日本やイギリスと同じメートルで表示されます。
さすがはエリザベス女王を元首に戴くイギリス連邦の一員です。

道幅は広く、日本でよく見る軽自動車はまったく走っていません。
私たちが借りたアメリカ車も、見るからに頑丈そうです。

慎重に空港を出発すると、すぐにハイウェーの入口がありました。
カナダのハイウェーはありがたいことに、すべて無料です。

大きなキャンピングカーがたくさん走っています。
派手なペイントが施されているのは、レンタルのキャンピングカー。
車体に書かれているのは広告なのでしょう。

私も当初、キャンピングカーを借りることも検討しましたが、まりさんがあまりいい顔をしなかったこともあり、地雷原を避けて断念しました。

レンタカー屋の女性が教えてくれたルートに従い、ハイウェイ2号線を北上。
カルガリーの東側を南北に走る高速道路で、「Deerfoot Trail」 という別名が付けられています。
直訳すると「鹿の足の踏み分け道」、この土地の昔の景色が目に浮かぶようです。

img_0631

カルガリーの歴史

ここでちょっと、カルガリーの歴史をお勉強。

1876年、今から140年前に、この地に北西騎馬警察の駐屯地が置かれました。
昔の西部劇に登場するような木の塀で囲われた駐屯地。
スコットランドの地名から名前をとって、カルガリー砦と名付けられました。
これが街の始まりです。
そして1883年、カナダ太平洋鉄道が開通し、ここに駅が建設されます。

しかし、この西部の田舎町を大きく発展させたのは石油です。
第二次大戦後、カナダ石油産業の中核都市となり、巨額のオイルマネーが大平原に今日の摩天楼を築きました。
私は知りませんでしたが、カナダの原油埋蔵量は、ベネズエラ、サウジアラビアに次いで世界第3位、世界有数の石油大国なんだそうです。

そして、人口およそ100万人のカルガリーの名を世界的に知らしめたのが、1988年に開催された冬季オリンピックです。

この大会では、オリンピック史上初めてスピードスケート競技が屋内リンクで行われ、男子500メートルで黒岩彰が悲願の銅メダルを獲得しました。

今や国会議員となった橋本聖子が、出場した5種目すべてで8位以内に入賞、フィギュアスケートの伊藤みどりも5位入賞を果たしました。

最近ではメダルを取らないと「あ〜あ」という感じですが、当時はまだソ連や東ドイツが強かった時代、日本人のメダル獲得は厳しい時代でした。

トランス・カナダ・ハイウェイ1号線

ハイウェイの話に戻ります。

ハイウェイ2号線からハイウェイ201号線に乗り換え、今度は南西方向へ。
カルガリーは、街の周囲を取り囲むように高速道路が走っており、市の中心部を大きく迂回して目的地のバンフへと向かいます。

ハイウェイの両側には、緑あふれる住宅街が続きます。
イギリスの経済誌「エコノミスト」が発表した「世界の住みやすい都市ランキング」で、6位に選ばれたカルガリー。
壮大なカナディアン・ロッキーの麓に位置し、ビジネスの中心でありながら都市公園が多いことが評価されました。

お目当ての道路が見えてきました。
トランス・カナダ・ハイウェイ1号線です。

トランス・カナダ・ハイウェイは、カナダを東西に横断する幹線道路網です。
目的地バンフもこのハイウェイ沿いにあります。
片側2車線の高速道路は、走る車もまばらで、のんびりと走れます。

img_0015

このトランス・カナダ・ハイウェイには、カナダらしいエピソードがあります。

2000年頃、連邦政府が、トランス・カナダ・ハイウェイを全線片側2車線のフリーウェイにする計画を立てたのですが、州政府の反対であえなく中止となってしまいました。

お隣のアメリカには、「インターステート・ハイウェイ」と呼ばれる、全米をつなぐ全線片側2車線以上の巨大高速道路網が整備されています。
カナダの連邦政府もこれを真似したかったのでしょうが、カナダの人たちはもう少し現実的、かつ合理的だったようです。

車の少ないトランス・カナダ・ハイウェイに投資するより、もっと交通量の多い州内道路やアメリカにつながる道路に投資した方がよいと考えたのです。

「地方分権」が徹底していて、連邦政府より州政府の権限が強いカナダ。
ただそれだけではなく、「隣町と同じにしないと格好悪い」という日本ではよく耳にするような「見栄」が、カナダの人たちにはあまりないのでしょう。

「モザイク国家」と呼ばれ、多民族が共存するカナダは、それぞれの考え方の違いを尊重する、そんな国なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です